Homeグループ紹介 > 心・血管グループ

グループ紹介

心・血管グループ

主な論文

News!

特任助教の池田(岩部)裕香先生の論文が Cells誌 にアクセプトされました。
"Periostin short fragment including exon 17 via aberrant alternative splicing is required for breast cancer growth and metastasis." Cells. 2021 in press
Yuka Ikeda-Iwabu, Yoshiaki Taniayma, Naruto Katsuragi, Fumihiro Sanada, Nobutaka Koibuchi, Kana Shibata, Kenzo Shimazu, Hiromi Rakugi, Ryuichi Morishita.

癌が悪性化する程、ペリオスチンの発現が高いことは世界中で多数報告されています。今回、乳癌の臨床サンプルを用いた免疫染色の比較から、ペリオスチンのN末端側を抗原とした抗体は乳癌細胞の間質に結合し、C末端側を抗原とした抗体は乳癌細胞そのものに結合することが分かりました。これまで様々な論文で片方だけが行われるもその病態が不明であった現象の一端が明らかになったと考えています。さらに、ペリオスチン蛋白質の質量分析の結果から特定のエクソン(C末端側)を含むペリオスチンは主に間質の線維芽細胞から小断片化された形で分泌された後に、乳癌細胞に蓄積されてwnt3aを介した癌細胞の悪性化に関わることが解明されました。これも病的ペリオスチンバリアントの1つの機能だと考えています。今後、ペリオスチンを介した間質と癌実質のcross talkがどのように行われているを詳細に解析する予定です。

一方、我々は2年後の臨床試験に向けて準備を進めておりGW明けにはサルへの安全性試験が開始されます。その解析が終了すれば、PMDA(医薬品医療機器総合機構)で非臨床試験、臨床研究プロトコールなどの協議を開始する予定です。

招聘准教授の鯉渕信孝先生が熊本大学医学部3年生を対象に薬理学実習での指導を行います(2021年4月5-6日)。
薬理学実習
講師:鯉渕信孝
(熊本大学医学部実習、4.5-6.熊本)
ペリオスチン関連で、心臓研究で有名なスイスのCardiocentro Ticino Institute・Laboratory of Cellular and Molecular Cardiologyと英国との共同研究Theranostics誌にアクセプトされました。
"An exosomal-carried short periostin isoform induces cardiomyocyte proliferation." Theranostics 2021 in press
Balbi C., Milano G., Fertig T. E., Lazzarini E., Bolis S., Taniyama Y., Sanada F., Gherghiceanu M., Luscher T.F., Barile L., Vassalli G.

心筋幹細胞はエクソソーム表面にペリオスチンのスプライシング・バリアントを付着させて分泌しており、心保護作用を持つことが明らかとなりました。

我々は病的ペリオスチン・スプライシングバリアントの抑制が、心不全抑制効果を持つことを報告してきましたが(Taniyama et al. Hypertens. 2018)、今回の心保護効果を持つペリオスチン・スプライシングバリアントとは異なることも確認されました。

病態において、同じ遺伝子であっても病態を悪化させるバリアントと、病態を改善するバリアントが分泌されており、我々は病態を悪化させるバリアントの抑制剤を開発し心不全治療効果を証明しています。一方、今回のように病態を改善させるバリアントも同時に存在するため、そちらを増強する治療法も当然考えられます。臨床応用を考えたとき副作用を起こさないようするためには、前者が好ましいと考えていますが、両面からより詳細に病態を解析することが必要だと思っています。

我々は現在、2年後のトリプルネガティブ乳癌への臨床研究を準備していますが、心不全に興味を持っている投資グループとも情報交換しており、将来的に臨床研究に発展させたいと考えています。

このようにペリオスチンは癌や心不全だけでなく、糖尿病性網膜症や好酸球性喘息、好酸球性副鼻腔炎、重症アトピー性皮膚炎、急性慢性の腎不全など様々な難治性炎症関連疾患において重要な働きをしており、研究での成果を臨床に発展させたいと考えています。

「COVID-19患者における2019-nCoV IgG/IgM Test Kit(3D matrix社)抗体検査の性能検討」を実施しています。
[心・血管グループ]
Page Top