Homeグループ紹介 > 心・血管グループ

グループ紹介

心・血管グループ

主な論文

臨床研究

炎症関連疾患でのペリオスチンを含む蛋白質の機能解析

1. 目的

様々な炎症関連疾患で分泌されているぺリオスチンは、炎症の遷延化や病態の悪化につながっていると考えられています。多岐にわたる臨床の炎症関連疾患とぺリオスチンの関係を検討し、慢性炎症病態での機能的役割や診断的役割を検討致します。(介入試験ではありません。)

2. 対象

癌を含む、様々な炎症関連疾患

3. 方法

臨床検体の血液や摘出した組織の一部を用いて蛋白質・遺伝子レベルでの解析を行います。

4. 費用

本試験に関する費用は大阪大学の研究費(本研究は研究責任者 臨床遺伝子治療学、老年・腎臓内科学 寄附講座 准教授 谷山義明及び、共同研究者の研究費)よりまかなわれ、患者さんのご負担は御座いません。

5. 研究結果の開示

ぺリオスチンと炎症関連疾患との関わり自体はすでに報告されていますが、各々のデータに関して御希望があれば検査結果をお伝えすることは可能です。

6. 個人情報の保護

取りまとめられた情報を医学雑誌などに発表する場合、個人が特定できないように配慮致します。

7. 参加の自由

本研究への参加は患者さんの自由意思によるものであり、参加しなくても患者さんが今後不利益を被ることはございません。また、研究への参加はいつでも撤回可能であり、その場合にはデータを廃棄致します。

8. 知的財産

本研究で得られた研究結果はぺリオスチンと炎症関連疾患での役割の解明の為、患者さんが特定されない形で公表され、その知的財産権は本研究の研究者に帰属します。

<この研究に対する問い合わせ先>

郵便番号565-0871 吹田市山田丘2-2
大阪大学大学院医学系研究科附属最先端医療イノベーションセンター6階 0611B室
臨床遺伝子治療学講座
谷山義明 電話06-6210-8351、Fax 06-6210-8354
メールアドレス taniyama@cgt.med.osaka-u.ac.jp

[心・血管グループ]
Page Top