Homeグループ紹介 > 脳グループ

グループ紹介

脳グループ

主な論文

News!

STROKE2016(第41回日本脳卒中学会総会 寳金清博 会長、第45回日本脳卒中の外科学会学術集会 伊達勲 会長、第32回スパズム・シンポジウム 糟谷英俊 会長)で発表しました。
特別企画Ⅱ シンポジウム
認知症研究の最前線
座長:冨本秀和先生、中島健二先生
  1. γセクレターゼ機能変化に基づいた孤発性アルツハイマー病の発症機構
    鈴木利治先生
  2. MCI に対するシロスタゾール療法の多施設共同二重盲検試験: COMCID 試験
    猪原匡史先生
  3. タウ病変の生体イメージング
    樋口真人先生
  4. 糖尿病による認知症促進の鍵分子の探索
    里 直行
STROKE2016(第41回日本脳卒中学会総会 寳金清博 会長、第45回日本脳卒中の外科学会学術集会 伊達勲 会長、第32回 スパズム・シンポジウム 糟谷英俊 会長)、2016年4月15日、札幌
平成28年度 北海道大学遺伝子病制御研究所共同研究・共同利用拠点 一般共同研究 が採択されました。
一般共同研究
「糖尿病による認知症促進機構の解明」
里 直行
Frontiers Aging Neuroscience Topic editor になりました。
"Interaction between Diabetes and Alzheimer's Disease: Toward Development of Next-generation Therapeutic Options"
Naoyuki Sato, Takeshi Ikeuchi, Takeshi Iwatsubo
Frontiers Aging Neuroscience
日本抗加齢医学会 研修用講習会で講演しました。
座長:新村 健先生 兵庫医科大学 総合診療科学講座 教授
「認知機能の加齢変化とアンチエイジング」
里 直行
日本抗加齢医学会 研修用講習会、平成28年2月14日
国立長寿医療研究センターにおける国際シンポジウムにて講演しました。
11th International Symposium on Geriatrics and Gerontology
Diabetes Mellitus and Dementia - Bridging Research at the Forefront-

Session II Experimental Insights from Human Brains and Animal Models
「THE PATHOLOGICAL INTERACTION BETWEEN DIABETES AND ALZHEIMER'S DISEASE」
Naoyuki Sato
11th International Symposium on Geriatrics and Gerontology, Feb, 6th, 2016, Oubu, Aichi
日本医師会雑誌に里 直行先生の総説が掲載されました。
特集 高齢者診療の現状と課題
「糖尿病と認知症」
里 直行
日本医師会雑誌 第144巻・第11号 平成28年2月号 p2230
中嶋恒男先生の紹介文をメンバー紹介ページに掲載しました。
[脳グループ]
Page Top