Homeグループ紹介 > 共同研究グループ

グループ紹介

共同研究グループ
  Gリーダー 研究テーマ 主な論文

グループリーダー

青木元邦 勝谷友宏 里 直行 橋弥尚孝 日比野佐和子 東 純哉 牧野寛史 家串和真
Junya Azuma
勝谷友宏(かつやともひろ)
勝谷医院 院長、大阪大学大学院 医学系研究科 臨床遺伝子治療学 特任准教授
千里金蘭大学 客員教授、大阪医科大学 教育教授
尼崎市医師会内科医会 会長

学歴・職歴

1989年3月31日
和歌山県立医科大学 卒業
1993年3月31日
大阪大学医学部大学院内科系博士課程 修了(最終学歴)
1993年4月1日
大阪大学医学部老年病医学講座(第4内科) 研究生
1993年10月1日〜
1995年5月31日
米国Stanford大学医学部Falk心臓血管研究所
postdoctoral fellow (Dzau VJ教授に師事)
1995年6月1日
大阪大学医学部老年病医学講座(第4内科) 研究生
1996年4月1日
長寿科学振興財団 特別研究員
1997年4月1日
日本学術振興会 特別研究員 (PD)
1998年11月16日
大阪大学医学部 助手(老年病医学講座)
1999年4月1日
大阪大学大学院 助手(医学系研究科 加齢医学講座)
2003年9月1日
大阪大学大学院 講師(医学系研究科 加齢医学講座)
2005年4月1日
大阪大学大学院 講師(医学系研究科 老年・腎臓内科学)
2009年1月1日
大阪大学大学院 特任准教授(医学系研究科 臨床遺伝子治療学)
勝谷医院 副院長
2009年7月29日
勝谷医院 院長 (医療法人社団 勝谷医院 理事長)
所属学会
日本高血圧学会(評議員,広報委員,Associate Editor(Hypertension Research))
日本老年医学会(代議員)
米国心臓病会議 (AHA: American Heart Association) (Fellow)
国際高血圧学会 (ISH: International Society of Hypertension) (member)
ヒトゲノム機構(HUGO: Human Genome Organization) (member)
高血圧関連疾患モデル(SHR)学会(評議員)
日本未病システム学会(評議員)
日本内科学会(近畿支部・評議員)
日本心血管内分泌代謝学会(評議員)
日本臨床分子医学会(評議員)
日本病態生理学会(評議員)
日本抗加齢医学会(評議員)
日本臨床薬理学会(ゲノム委員)、日本循環器学会、日本人類遺伝学会、日本認知症学会、日本遺伝子診療学会、日本遺伝子治療学会、日本血管生物学会

資格

日本内科学会 認定内科医
日本老年医学会 老年病専門医
日本高血圧学会 高血圧専門医
日本抗加齢医学会 専門医
日本未病システム学会 未病医学認定医
日本医師会認定産業医、日本医師会認定健康スポーツ医
内科指導医(大阪大学医学部附属病院 老年・高血圧内科)
老年病指導医(大阪大学医学部附属病院 老年・高血圧内科)
介護支援専門員(ケアマネージャー)

受賞ほか

1995年 Young Investigator Award, Clinical Research Meeting
1996年 Travel Award, International Society of Hypertension
1996年 日本心臓財団「高血圧と血管代謝」研究助成最優秀賞
1997年 平成9年度日本心臓財団研究奨励賞
1997年 木村記念財団研究奨励賞
1998年 平成10年度心臓血管病科学カンファレンス若手奨励賞
1999年 岡本研究奨励賞
2000年 第4回心血管内分泌代謝学会若手研究奨励賞
2001年 上原記念財団研究奨励賞
2002年 日本循環器学会若手研究奨励賞優秀賞
2004年 第17回日本内科学会奨励賞
2004年 日本心臓財団・ファイザー「高血圧・高脂血症と血管代謝」研究助成最優秀賞
2004年 長寿科学振興財団奨励賞
2004年 平成16年度日本心臓財団研究奨励賞
2004年 New Investigator Award, AHA Council for High Blood Pressure Research
2007年 平成19年度臨床薬理研究振興財団研究助成
2010年 ノバルティス老化および老年病研究基金第24回研究助成
2011年 Outstanding Internal Medicine Reviewer of 2011
2012年 日本高血圧学会・第1回高血圧フォーラム・一般演題優秀賞

専門

老年病学、循環器内科学、遺伝疫学

代表論文

  1. Kato N, Takeuchi F, Tabara Y, Kelly TN, Go MJ, Sim X, Tay WT, Chen CH, Zhang Y, Yamamoto K, Katsuya T, Yokota M, Kim YJ, Ong RT, Nabika T, Gu D, Chang LC, Kokubo Y, Huang W, Ohnaka K, Yamori Y, Nakashima E, Jaquish CE, Lee JY, Seielstad M, Isono M, Hixson JE, Chen YT, Miki T, Zhou X, Sugiyama T, Jeon JP, Liu JJ, Takayanagi R, Kim SS, Aung T, Sung YJ, Zhang X, Wong TY, Han BG, Kobayashi S, Ogihara T, Zhu D, Iwai N, Wu JY, Teo YY, Tai ES, Cho YS, He J. Meta-analysis of genome-wide association studies identifies common variants associated with blood pressure variation in east Asians. Nat Genet. 2011;43:531-8.
  2. Katsuya T, Harrap SB, Ogihara T. Genetics of hypertension and cardiovascular disease. Int J Hypertens 2011: 951254.
  3. Takeuchi F, Isono M, Katsuya T, Yamamoto K, Yokota M, Sugiyama T, Nabika T, Fujioka A, Ohnaka K, Asano H, Yamori Y, Yamaguchi S, Kobayashi S, Takayanagi R, Ogihara T, Kato N. Blood pressure and hypertension are associated with 7 loci in the Japanese population. Circulation 2010;121:2302-2309.
  4. Sugimoto K, Akasaka H, Katsuya T, Node K, Fujisawa T, Shimaoka I, Yasuda O, Ohishi M, Ogihara T, Shimamoto K, Rakugi H. A Polymorphism Regulates CYP4A11 Transcriptional activity and is associated with hypertension in a Japanese population. Hypertension. 2008;52:1142-8.
  5. Takami Y, Nakagami H, Morishita R, Katsuya T, Cui TX, Ichikawa T, Saito Y, Hayashi H, Kikuchi Y, Nishikawa T, Baba Y, Yasuda O, Rakugi H, Ogihara T, Kaneda Y. Ubiquitin carboxyl-terminal hydrolase L1, a novel deubiquitinating enzyme in the vasculature, attenuates NF-κB activation. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2007.
  6. Masuo K, Katsuya T, Fu Y, Rakugi H, Ogihara T, Tuck ML. Beta2- and beta3-adrenergic receptor polymorphisms are related to the onset of weight gain and blood pressure elevation over 5 years. Circulation. 2005;111:3429-34.
  7. Iwashima Y, Katsuya T, Ishikawa K, Ouchi N, Ohishi M, Sugimoto K, Fu Y, Motone M, Yamamoto K, Matsuo A, Ohashi K, Kihara S, Funahashi T, Rakugi H, Matsuzawa Y, Ogihara T. Hypoadiponectinemia is an independent risk factor for hypertension. Hypertension. 2004;43:1318-23.
  8. Katsuya T, Ishikawa K, Sugimoto K, Rakugi H, Ogihara T. Salt sensitivity of Japanese from the viewpoint of gene polymorphism. Hypertens Res. 2003;26:521-5
  9. Katsuya T, Baba S, Ishikawa K, Mannami T, Fu Y, Inamoto N, Asai T, Fukuda M, Higaki J, Ogata J, Ogihara T. Epsilon 4 allele of apolipoprotein E gene associates with lower blood pressure in young Japanese subjects: the Suita Study. J Hypertens. 2002;20:2017-21.
  10. Katsuya T, Horiuchi M, Minami S, Koike G, Santoro NF, Hsueh AJ, Dzau VJ. Genomic organization and polymorphism of human angiotensin II type 2 receptor: no evidence for its gene mutation in two families of human premature ovarian failure syndrome. Mol Cell Endocrinol. 1997;127:221-8.
  11. Katsuya T, Horiuchi M, Chen YD, Koike G, Pratt RE, Dzau VJ, Reaven GM. Relations between deletion polymorphism of the angiotensin-converting enzyme gene and insulin resistance, glucose intolerance, hyperinsulinemia, and dyslipidemia. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 1995;15:779-82.
  12. Katsuya T, Koike G, Yee TW, Sharpe N, Jackson R, Norton R, Horiuchi M, Pratt RE, Dzau VJ, MacMahon S. Association of angiotensinogen gene T235 variant with increased risk of coronary heart disease. Lancet. 1995;345:1600-3.

(上記含め、欧文原著141編)

青木元邦 勝谷友宏 里 直行 橋弥尚孝 日比野佐和子 東 純哉 牧野寛史 家串和真
  Gリーダー 研究テーマ 主な論文
[共同研究グループ]
Page Top