大阪大学大学院 健康発達医学
HOME研究内容紹介 > 新規機能性ペプチドのトランスレーショナルリサーチ
研究内容紹介

新規機能性ペプチドのトランスレーショナルリサーチ

我々が同定した新規機能性ペプチドは緑膿菌・黄色ブドウ球菌などに対する広い抗菌活性を有すると同時に強力な血管新生作用も有するユニークなペプチドです。一般に創傷治癒にはこの抗菌作用と血管新生作用の両方の特性が求められることから、本ペプチドの特性を活かした創傷治療薬としての臨床開発を行っています。AMEDの支援を受けて製剤開発、非臨床試験、医師主導治験を実施し、企業への導出を行い現在企業治験へと進んでいます。また、この機能性ペプチドを改変し、化粧品原料の素材として活かすことで新たな産学連携商品、大学発ベンチャーの設立へとつながっています。

ページの先頭へ