大阪大学大学院 健康発達医学
HOME > 業績・学会発表等
業績・学会発表等

2020年

学会発表・講演・座長

  1. 中神 啓徳 「加齢と老化細胞」ラジオNIKKEI「医学講座」2020.6.2、大阪<口演>
  2. 中神 啓徳 「新型コロナウイルス関連肺炎にかかる研究開発会議」大阪大学谷口記念講堂、2020.6.4、大阪<口演>
  3. 中神 啓徳 「生活習慣病ワクチンの開発」第5回木曽川内分泌カンファレンス、2020.2.13、岐阜<口演>
  4. 中神 啓徳 「CD153 vaccine is a novel senotherapeutic option for removing senescence-associatad T cells from visceral adipose tissues」Cardio Renal Diabetes Conference 2020、2020.2.8、東京<口演>
  5. 中神 啓徳 「ムーンショット型研究開発へのチャレンジ」CAKI THE FINAL(8th)、2020.1.25、東京<口演>
  6. 中神 啓徳 「CD153 vaccine is a novel serotherapeutic option for removing senescence-associated T cells from visceral adipose tissues」第8回IRG Meeting、2020.1.24、東京<口演>

原著論文・総説(英文)

  1. Nakagami H. Cellular senescence and senescence-associated T cells as a potential therapeutic target. Geriatr Gerontol Int. 2020 Feb;20(2):97-100.
  2. Nakamaru R, Nakagami H, Hayashi H, Sun J, Tenma A, Yamamoto K, Shimamura M, Morishita R, Rakugi H. A novel angiotensin Ⅱ peptide vaccine without an adjuvant in mice. J Hypertens. (Accepted)
  3. Yoshida S, Nakagami H, Hayashi H, Ikeda Y, Sun J, Tenma A, Tomioka H, Kawano T, Shimamura M, Morishita R, Rakugi H. The CD153 vaccine is a senotherapeutic option for preventing the accumulation of senescent T cells in mice. Nat. Commun. 2020 May 18;11(1):2482.
  4. Koriyama H, Ikeda Y, Nakagami H, Shimamura M, Yoshida S, Rakugi H, Morishita R. Development of an IL-17A DNA Vaccine to Treat Systemic Lupus Erythematosus in Mice. Vaccines (Basel). 2020 Feb 12;8(1).
  5. Nozato Y, Takami Y, Yamamoto K, Nagasawa M, Nozato S, Imaizumi Y, Takeshita H, Wang C, Ito Y, Takeda S, Takeya Y, Sugimoto K, Nakagami H, Hanayama R, Rakugi H. Novel properties of myoferlin in glucose metabolism via pathways involving modulation of adipose functions. FASEB J. 2020 Feb;34(2):2792-2811
  6. Morishita R, Shimamura M, Takeya Y, Nakagami H, Chuko M, Ishihama T, Yamada E, Rakugi H. Combined Analysis of Clinical Data on HGF Gene Therapy to Treat Critical Limb Ischemia in Japan. Curr Gene Ther 2020;20(1):25-35.
  7. Shimamura M, Nakagami H, Sanada F, Morishita R. Progress of Gene Therapy in Cardiovascular Disease. Hypertension. (Accepted)

原著論文・総説(日本語)

  1. 中神 啓徳、「ゲノム、PCR、抗体?わが国の今」アンチ・エイジング医学, Vol.16. No.3, 093-096, 2020.6.1
  2. 中神 啓徳、、森下 竜一「ワクチン開発」アンチ・エイジング医学, Vol.16. No.3, 084-087, 2020.6.1
  3. 中神 啓徳、「高血圧などの慢性疾患に対するワクチン治療」循環器内科, 87(5):667-671, 2020.5
  4. 島村 宗尚、荒木 克哉「パーキンソン病研究の最前線. パーキンソン病はアミロイドーシスか?」医学と薬学 77, 自然科学社(東京)、983-988, 2020
  5. 島村 宗尚、中神 啓徳、 佐々木 勉、 森下 竜一、 望月 秀樹「炎症制御をターゲットにした脳梗塞急性期治療薬開発の現状と展望」臨床神経,60:253−259,2020

2019年

学会発表・講演・座長

  1. 中神 啓徳 「脳心血管の新規薬物治療、臨床試験」脳心血管抗加齢研究会2019、2019.12.21、東京<座長>
  2. 中神 啓徳 「次世代バイオロジクスとしてのペプチド創薬・治療ワクチン」第40回日本臨床薬理学会、2019.12.5、東京<口演>
  3. 中神 啓徳 「老化研究の最新トピックス」日本抗加齢医学会2019年度第2回メディアセミナー、2019.11.25、東京<口演>
  4. 中神 啓徳 「一般演題セッション4」第4回日本遺伝子細胞治療学会若手研究会セミナー、2019.11.22、東京<座長>
  5. Hironori Nakagami「Therapeutic Vaccines for Hypertension and life style related diseases」Asia Pacific Consortium of Gene and Cell Therapy 2019、2019.11.7、ソウル<シンポジウム>
  6. 中神 啓徳 「高血圧ワクチンの開発」第42回日本高血圧学会総会2019.10.27、東京<シンポジウム>
  7. 中神 啓徳 「老化T細胞を標的とした治療ワクチンの開発」第42回日本高血圧学会総会、2019.10.26、東京<ポスター>
  8. 中神 啓徳 「若手企画1」第42回日本高血圧学会総会、2019.10.25、東京<座長>
  9. 中神 啓徳 「第1回Digital Hypertension Conference」第42回日本高血圧学会総会、2019.10.25、東京<座長>
  10. 中神 啓徳 「Development of Therapeutic Vaccines for Chronic Diseases」リエゾンラボ研究会HIGOプログラム最先端研究セミナー、2019.10.23、熊本<シンポジウム>
  11. 中神 啓徳 「抗体誘導型ペプチドワクチンの開発」関西バイオ医療研究会 第10回講演会、2019.10.4、大阪<シンポジウム>
  12. 中神 啓徳 「生活習慣病を標的とした治療ワクチン開発」Tokyo Cardiac Seminar、2019.10.1、東京<口演>
  13. 中神 啓徳 「糖尿病を標的疾患とした治療ワクチン開発」関西血管生物研究会2019、2019.9.28、大阪<口演>
  14. 中神 啓徳 「がんワクチン療法」第78回日本癌学会学術総会、2019.9.27<座長>
  15. Hironori Nakagami 「Development of therapeuticvaccines for cardiovascular and metabolic diseases」2019 AVBS Scientific Meeting (Joint Vascular Biology Meeting - JVBM)、2019.9.20、シドニー<シンポジウム>
  16. Hironori Nakagami 「Poster Presentation 11」第3回日本循環器学会基礎研究フォーラム、2019.9.7、東京<座長>
  17. Hironori Nakagami 「Recent Progress of Gene Therapy in Cardiovascular Diseases」The 17th Annual Congress of International Drug Discovery Science & Technology、2019.7.27、京都<シンポジウム>
  18. Hironori Nakagami 「Physician-initiated clinical study of limb ulcers treated with a novel functional peptide, SR-0379」第25回日本遺伝子細胞治療学会学術集会、2019.7.23、東京<シンポジウム>
  19. Hironori Nakagami 「Oral Session XII "cardiovascular diseases"」第25回日本遺伝子細胞治療学会学術集会、2019.7.22、東京<座長>
  20. 中神 啓徳 「血管再生療法のトランスレーショナル研究と基礎研究」Research PlaNet 2019、2019.7.20、熊本<座長>
  21. 中神 啓徳 「ポスターサマリー発表」Research PlaNet 2019、2019.7.20、熊本<座長>
  22. 中神 啓徳 「カシスでアンチエイジング」第19回日本Men's Health医学会、2019.7.13、大阪<座長>
  23. 中神 啓徳 「高血圧DNAワクチンの開発」第19回日本Men's Health医学会、2019.7.13、大阪<シンポジウム>
  24. 中神 啓徳 「高血圧・慢性疾患を標的とした治療ワクチンの開発」基盤医学持論・特徴あるプログラム(トランスレーショナルリサーチコースNo.7)、2019.7.3、名古屋<大学院講義>
  25. Hironori Nakagami 「English Session 1」第19回日本抗加齢医学会総会、2019.6.16、横浜<Chairs>
  26. 中神 啓徳 「脳心血管病と酸化ストレス・細胞死」第19回日本抗加齢医学会総会、2019.6.16、横浜<座長>
  27. 中神 啓徳 「老化制御機構から心血管病治療を考察する」第19回日本NO学会学術集会、2019.6.14、久留米<座長>
  28. 中神 啓徳 「心血管病治療の免疫からのアプローチ」第19回日本NO学会学術集会、2019.6.14、久留米<シンポジウム>
  29. 中神 啓徳 「生活習慣病を標的とした抗体誘導型ワクチンのトランスレーショナルリサーチ」第40回日本循環制御医学会総会・学術集会、2019.6.8、軽井沢<シンポジウム>
  30. Hironori Nakagami 「Therapeutic Vaccine for Chronic Diseases-potential of Pyrotechnic Needle-free Injection System」BioKorea2019、2019.4.19、ソウル<シンポジウム>
  31. 中神 啓徳 「高血圧・生活習慣病ワクチンのトランスレーショナルリサーチ」岡山Vascular Forum、2019.3.15、岡山<口演>
  32. 中神 啓徳 「新規ペプチドの同定から医薬品開発、医師主導治験、起業への道程」ACT japanフォーラム アカデミア臨床開発Update、2019.1.21、大阪<シンポジウム>
  33. Hironori Nakagami 「Therapeutic Vaccine for chronic diseases」Biotherapeutics and Vaccines Development Gordon Research Conference、2019.1.6、ヒューストン<ポスター>
  34. 島村 宗尚 「アンギオテンシンIIワクチンによる血管性認知症の治療効果検討」脳心血管抗加齢研究会2019、2019.12.20、東京<ポスター>
  35. 島村 宗尚 「ポスターセッション2」脳心血管抗加齢研究会2019、2019.12.20、東京<座長>
  36. 島村 宗尚 「一般口演1」第10回日本脳血管・認知症学会総会、2019.8.3、東京<座長>
  37. 河野 友裕、島村 宗尚 「脳梗塞急性期におけるPMN-MDSCの経時的および空間的発現解析」第10回日本脳血管・認知症学会総会、2019.8.3、東京<ポスター>
  38. 島村 宗尚 「機能性ペプチドによる脳梗塞の治療および再発予防を目指して」第19回日本Men's Health医学会、2019.7.13、大阪<口演>
  39. 河野 友裕、島村 宗尚 他 「Induction of polymorphonuclear myeloid-derived suppressor cells in ischemic stroke in mice.」第60回日本神経学会学術集会、2019.5.25、大阪<口演>
  40. 島村 宗尚 他 「レボドパ/カルビドパ配合経腸用液療法14例維持期におけるPEG-J関連合併症の検討」 第60回日本神経学会学術集会、2019.5.22、大阪<口演>
  41. 島村 宗尚 「パーキンソン病 デュオドーパ治療について」全国パーキン病友の会、2019.4.21、大阪<口演>
  42. 河野 友裕、島村 宗尚 他 「脳梗塞におけるPMN-MDSCの経時的および空間的発現解析」第44回日本脳卒中学会学術集会、2019.3.22、横浜<口演>
  43. 若山 幸示、島村 宗尚 他 「脳血管性認知症も出るラットにおけるアンギオテンシンIIペプチドワクチンによる脳室保護作用の検討」第44回日本脳卒中学会学術集会、2019.3.21、横浜<ポスター>
  44. 島村 宗尚 「パーキンソン病治療におけるデバイス療法の位置付け」日本神経学会第113回近畿地方会、2019.3.17、大阪<座長>
  45. 林 宏樹 「糖尿病モデルマウスを用いた(プロ)レニンワクチンによる糖尿病性網膜症、腎症に対する薬理効果の検討」第29回日本循環薬理学会・第55回高血圧関連疾患モデル学会、2019.11.29、香川<口演>
  46. Hiroki Hayashi 「Inflammation-associated NO regulates chemokine signaling via CX3CR1」2019 AVBS Scientific Meeting (Joint Vascular Biology Meeting - JVBM)、2019.9.19、シドニー<ポスター>
  47. 林 宏樹 「糖尿病モデルマウスにおける(プロ)レニンワクチンの合併症抑制効果の検討」第19回日本NO学会学術集会、2019.6.14、久留米<ポスター>
  48. Shota Yoshida 「The CD153-CpG vaccine is a novel option of senotherapy to remove senescence-associated T cells.」Gordon Research Conference、2019.7.16、ボストン<口演>
  49. Nan Ju 「The molecular mechanism of a partial RANKL peptide, MHP1-7 as anti-inflammatory action」第3回日本循環器学会基礎研究フォーラム、2019.9.6、東京<ポスター>

原著論文・総説(英文)

  1. Nakagami H, Cellular senescence and senescence-associated T cells as a potential therapeutic target. Geriatr Gerontol Int. 2019 Dec 14.
  2. Singh RB, Torshin VI, Chibisov S, Goyal RK, Watanabe S, Nakagami H, Mogi M, Nayak BN. Eating behavior and risk of cardio-metabolic diseases. World Heart Journal 2019, 2(11), 149-157
  3. Hironori Nakagami, Ryuichi Morishita, Shuko Takeda, Munehisa Shimamura, Tomohiro Kawano, Kouji Wakayama, Tatsuhiko Azegami, Hiroshi Itoh, Jiao Sun, Hiroki Hayashi, Kunihiko Yamashita, Hideki Tomioka, Akiko Tenma, Makoto Sakaguchi. Therapeutic Vaccines as Novel Immunotherapy. Springer. 2019 Dec.
  4. Chang C, Sun J, Hayashi H, Suzuki A, Sakaguchi Y, Miyazaki H, Nishikawa T, Nakagami H, Yamashita K, Kaneda Y. Stable Immune Response Induced by Intradermal DNA Vaccination by a Novel Needleless Pyro-Drive Jet Injector. AAPS PharmSciTech. 2019 Dec 9;21(1):19.
  5. Nakagami H, Sugimoto K, Ishikawa T, Koshizaka M, Fujimoto T, Kiyohara E, Hayashi M, Nakagawa Y, Ando H, Terabe Y, Takami Y, Yamamoto K, Takeya Y, Takemoto M, Ebihara T, Nakamura A, Nishikawa M, Yao XJ, Hanaoka H, Yokote K, Rakugi H. Investigator-initiated clinical study of a functional peptide, SR-0379, for limb ulcers of patients with Werner syndrome as a pilot study. Geriatr Gerontol Int. 2019 Nov;19(11):1118-1123. doi: 10.1111/ggi.13782.
  6. Ram B Singh, VI Torshin, Sergey Chibisov, Ramesh K Goyal, Shaw Watanabe, Hironori Nakagami, Masaki Mogi, and Bichitra N Nayak. Can Protective Factors Inculcate Molecular Adaptations of Cardiomyocyte in the Prevention of Chronic Heart Failure? World Heart Journal. Vol.11, Issue.2, 149-157, 2019
  7. Nan Ju, Munehisa Shimamura, Hiroki Hayashi, Yuka Ikeda, Shota Yoshida, Ayumi Nakamura, Ryuichi Morishita, Hiromi Rakugi, Hironori Nakagami. Preventative effects of the partial RANKL peptide MHP1-AcN in a mouse model of imiquimod-induced psoriasis. Sci Rep 2019 Oct 28;9(1):15434.
  8. Oyama A, Takeda S, Ito Y, Nakajima T, Takami Y, Takeya Y, Yamamoto K, Sugimoto K, Shimizu H, Shimamura M, Katayama T, Rakugi H, Morishita R. Novel Method for Rapid Assessment of Cognitive Impairment Using High-Performance Eye-Tracking Technology. Sci Rep. 2019 Sep 10;9(1):12932
  9. Shimamura M, Nakagami H. A vaccine targeting blood clot formation: what is the potential? Expert Rev Vaccines. 2019 May;18(5):419-421.
  10. Yoshida Y, Shimizu I, Hayashi Y, Ikegami R, Suda M, Katsuumi G, Wakasugi T, Nakao M, Nakagami H, Morishita R, Minamino T. Peptide vaccine for semaphorin3E ameliorates systemic glucose intolerance in mice with dietary obesity. Sci Rep. 2019 Mar 7;9(1):3858.
  11. Kawano T, Shimamura M, Nakagami H, Kanki H, Sasaki T, Mochizuki H. Temporal and spatial profile of polymorphonuclear myeloid-derived suppressor cells (PMN-MDSCs) in ischemic stroke in mice. PLOS ONE 2019 May 2;14(5):e0215482. doi: 10.1371/journal.pone.0215482. eCollection 2019
  12. Shih CM, Lin FY, Yeh JS, Lin YW, Loh SH, Tsao NW, Nakagami H, Morishita R, Sawamura T, Li CY, Lin CY, Huang CY. Dysfunctional high density lipoprotein failed to rescue the function of oxidized low density lipoprotein-treated endothelial progenitor cells: a novel index for the prediction of HDL functionality. Transl Res. 2019 Mar;205:17-32.
  13. Imaizumi Y, Takami Y, Yamamoto K, Nagasawa M, Nozato Y, Nozato S, Takeshita H, Wang C, Yokoyama S, Hayashi H, Hongyo K, Akasaka H, Takeya Y, Sugimoto K, Nakagami H, Rakugi H. Pathophysiological significance of cylindromatosis in the vascular endothelium and macrophages for the initiation of age-related atherogenesis. Biochem Biophys Res Commun. 2019 Jan 22;508(4):1168-1174.

原著論文・総説(日本語)

  1. 中神 啓徳 「高血圧ワクチンの開発」日本臨牀, Vol.78, No.2, 222-227, 2020.2.1
  2. 中神 啓徳、森下 竜一 「血管再生治療とリハビリテーション」循環器内科, Vol.86, No.5, 662-666, 2019.11.28
  3. 中神 啓徳 「生活習慣病を標的とした治療ワクチンの開発」日本薬理学雑誌, Vol.154, No.5, 270-274, 2019.11.1
  4. 中神 啓徳、森下 竜一 「循環器のアンチエイジングは可能か」循環器疾患の最新医療, 75-78, 2019.9.28
  5. 中神 啓徳、森下 竜一 「高血圧ワクチン」循環器疾患の最新医療, 17-20, 2019.9.28
  6. 中神 啓徳、森下 竜一 「再生医療」内科学書, Vol.1, No.9, 242-244, 2019.8.30
  7. 中神 啓徳、森下 竜一 「高血圧ワクチン」腎臓内科・泌尿器科(科学評論社), Vol.10, No.1, 82-86, 2019.7.28
  8. 中神 啓徳 「ACE阻害薬と肺癌リスク」血圧(先端医学社), Vol.26, No.7, 380-381
  9. 中神 啓徳、森下 竜一 「高血圧に対するワクチン療法」循環器内科, Vol.85, No.6, 827-831, 2019.6.28
  10. 中神 啓徳、森下 竜一 「認知症・生活習慣病を標的とした治療ワクチン」アンチ・エイジング医学, Vol.15, No.1, 055-059, 2019.2.1
  11. 島村 宗尚、望月 秀樹 「線条体黒質変性症」Clinical NeuroScience 37 中外医学社, Vol.37, 1059-1060, 2019
  12. 島村 宗尚、望月 秀樹 他 「レボドパ/カルビドパ配合経腸用液療法14例におけるPEG-J関連合併症の検討」 臨床神経, 59:153-156, 2019

受賞歴

中神 啓徳
  • 第4回老化および老年医学研究助成金
島村 宗尚
  • 平成31年度「循環医学分野 一般研究助成金」公益財団 先進医薬研究振興財団
林 宏樹
  • 第3回Asia Australia Vascular Biology Meeting (AAVBM) トラベルアワード

2018年

学会発表・講演・座長

  1. 中神 啓徳 「食・腸内環境と健康長寿戦略」脳心血管抗加齢研究会2018、2018.12.15、大阪<座長>
  2. 中神 啓徳 「脳心血管の抗老化のために腸を活かす」脳心血管抗加齢研究会2018、2018.12.14、大阪<座長>
  3. 中神 啓徳 「生活習慣病を標的とした新規治療ワクチンの実用化研究」第22回日本ワクチン学会学術集会、2018.12.8、神戸<シンポジウム>
  4. Hironori Nakagami 「Development of Therapeutic Vaccine for Geriatric Medicine」GSA 2018 ANNUAL SCIENTIFIC MEETING、2018.11.14、ボストン<ポスター>
  5. Hironori Nakagami 「Development of therapeutic vaccines for cardiovascular diseases」International Society for Vaccines 2018 Annual Congress、2018.10.29、アトランタ<シンポジウム>
  6. 中神 啓徳 「Development of PCSK9 epitope vaccine for dyslipidemia in mice」第2回日本循環器学会基礎研究フォーラム、2018.9.22、奈良<ポスター>
  7. 中神 啓徳 「高血圧ワクチンの基礎研究・実用化研究から臨床試験へ」第41回日本高血圧学会総会、2018.9.15、旭川<シンポジウム>
  8. 中神 啓徳 「循環器疾患を標的とした新規免疫療法としての治療ワクチン」第41回日本高血圧学会総会、2018.9.15、旭川<口演>
  9. 中神 啓徳、林 宏樹 「プロレニンワクチンの動物モデルでの基礎的検討」第41回日本高血圧学会総会、2018.9.15、旭川<口演>
  10. 中神 啓徳 「臨床 レニン‐アンジオテンシン‐アルドステロン系」第41回日本高血圧学会総会、2018.9.14、旭川<座長>
  11. 中神 啓徳 「Young Investigator's Promotion」第41回日本高血圧学会総会、2018.9.14、旭川<ポスター総合司会>
  12. 中神 啓徳 「Cardiovascular Diseases U (Abstracts OR-25〜OR-27)」第24回日本遺伝子細胞治療学会学術集会、2018.7.26、東京<座長>
  13. 中神 啓徳 「Development of novel immunotherapy for cardiovascular diseases」第24回日本遺伝子細胞治療学会学術集会、2018.7.28、東京<シンポジウム>
  14. 中神 啓徳 「男性の機能性食品セミナー2018」第18回日本Men's Health医学会、2018.7.15、東京<座長>
  15. 中神 啓徳 「Vaccines and Biologics for Hypertension and Diabetes」WCP2018 KYOTO、2018.7.4、京都<シンポジウム>
  16. 中神 啓徳 「中枢神経回路の修復のメカニズムと治療法の確立」Research Planet 2018、2018.6.16、東京<基調講演座長>
  17. 中神 啓徳 「新規機能性ペプチドを用いた皮膚潰瘍治療薬の開発研究」第60回日本老年医学会学術総会、2018.6.14、京都<シンポジウム>
  18. 中神 啓徳 「脂質異常症マウスに対するPCSK9ワクチンの効果」第18回日本抗加齢医学会総会、2018.5.25、大阪<口演。最優秀演題賞>
  19. Hironori Nakagami 「DEVELOPMENT OF THERAPEUTIC VACCINES AS NOVEL ANTIBODY THERAPY」Weinstein 2018、2018.5.16、奈良<ポスター>
  20. 中神 啓徳 「新規機能性ペプチドを用いた皮膚潰瘍治療薬の臨床開発」第22回日本心血管内分泌代謝学会学術総会、2018.4.28、宮崎<口演>
  21. 中神 啓徳 「脂質異常症マウスにおけるPCSK9ワクチンの検討」第55回日本臨床分子医学会学術集会、2018.4.13、京都<ポスター>
  22. 中神 啓徳 「Physician-initiated clinical study of limb ulcers for diabetes patients and Werner syndrome treated with a novel peptide,SR-0379」International Meeting on RECQ Helicases and Related Diseases 2018、2018.2.16、千葉<ポスター>
  23. 中神 啓徳 「新規機能性ペプチドを用いたWerner症候群の難治性皮膚潰瘍治療」難治性疾患実用化研究事業 免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患実用化研究分野)2017年度合同成果報告会 疾患克服への革新と創造、2018.2.9、横浜<ポスター>
  24. Hironori Nakagami 「Signaling and new therapy」The 1st JCS Council Forum on Basic Cardio Vascular Research、2018.1.6、東京<ポスター座長>
  25. 島村 宗尚 「機能性ペプチドによる脳梗塞の新しい治療法の開発を目指して」脳心血管抗加齢研究会2018、2018.12.15、大阪<シンポジウム>
  26. 島村 宗尚:LCIG14例におけるPEG-J関連合併症の検討、大阪LCIG研究会、大阪、2018年11月6日<招待講演>
  27. 島村 宗尚 「ポスターセッション2」脳心血管抗加齢研究会2018、2018.12.14、大阪<座長>
  28. 島村 宗尚 「RANKL部分ペプチドMHP1による脳梗塞治療への応用の検討」脳心血管抗加齢研究会2018、2018.12.14、大阪<ポスター>
  29. 島村 宗尚 「脳虚血病態の基礎からtranslational researchへ:脳梗塞後炎症をターゲットにした新規治療薬の開発を目指して」第59回日本神経学会学術大会、2018.5.14、札幌
  30. 島村 宗尚 「Modification of RANKL-based peptide, MHP1, for clinical use in ischemic stroke」第43回日本脳卒中学会学術集会、2018.3.14、札幌<ポスター>
  31. 島村 宗尚 「脳梗塞治療への応用を目指したRANKL部分ペプチドMHP1の特性解明」第43回日本脳卒中学会学術集会、2018.3.15、福岡<口演>
  32. 林 宏樹 「Identification of Cardiovascular Dysfunction in Spondyloarthritis Model Rats」第2回日本循環器学会基礎研究フォーラム、2018.9.22、奈良<ポスター>
  33. 林 宏樹 「Improvement effect of (pro)renin vaccination on diabetic complications in mice」Premium Hypertension Conference 2018、2018.7.28、東京<ポスター>
  34. 林 宏樹 「S-ニトロシル化βアレスチン2のβアドレナリン受容体調節における役割」、第4回血管生物若手研究会、2018.3.2、熊本<口演>
  35. Hiroki Hayashi 「Prorenin vaccination improved diabetic complications in diabetic model in mice」The 1st JCS Council Forum on Basic Cardio Vascular Research、2018.1.6、東京<ポスター>
  36. 池田 裕香 「ループス腎炎モデルにおける抗IL-17Aワクチンの有効性」脳心血管抗加齢研究会2018、2018.12.14、大阪<口演>
  37. 池田 裕香 「Effect of anti-cytokine vaccine in Iupus-like nephritis model」第47回日本免疫学会学術集会、2018.12.11、福岡<口演>
  38. 池田 裕香 「Periostin exon17 fragments in breast cancer cells is required for tumor metastasis」第77回 日本癌学会学術総会、2018.9.28、大阪<ポスター>
  39. Yuka Ikeda 「Efficacy of anti-IL17A vaccine in lupus-like nephritis model」The 16th Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology、2018.9.14、大阪<ポスター>
  40. 吉田 翔太 「老化T細胞を標的とした新規ワクチン治療の開発」第54回高血圧関連疾患モデル学会学術総会、2018.12.6、熊本<口演>

原著論文・総説(英文)

  1. Kawakami R, Nozato Y, Nakagami H, Ikeda Y, Shimamura M, Yoshida S, Sun J, Kawano T, Takami Y, Noma T, Rakugi H, Minamino T, Morishita R. Development of vaccine for dyslipidemia targeted to a proprotein convertase subtilisin/kexin type 9 (PCSK9) epitope in mice. PLoS One. 2018 Feb 13;13(2):e0191895.
  2. Nakagami H, Sugimoto K, Ishikawa T, Fujimoto T, Yamaoka T, Hayashi M, Kiyohara E, Ando H, Terabe Y, Takami Y, Yamamoto K, Takeya Y, Takemoto M, Koshizaka M, Ebihara T, Nakamura A, Nishikawa M, Yao XJ, Hanaoka H, Katayama I, Yokote K, Rakugi H. Physician-initiated clinical study of limb ulcers treated with a functional peptide, SR-0379: from discovery to a randomized, double-blind, placebo-controlled trial. NPJ Aging Mech Dis. 2018;4:2
  3. Shimamura M, Nakagami H, Shimizu H, Wakayama K, Kawano T, Ikeda Y, Hayashi H, Yoshida S, Mochizuki H, Morishita R. Therapeutic Effects of Systemic Administration of the Novel RANKL-Modified Peptide, MHP1, for Ischemic Stroke in Mice. Biomed Res Int. 2018 Jul 30;2018:4637084. doi: 10.1155/2018/4637084.
  4. Takeshita H, Yamamoto K, Nozato S, Takeda M, Fukada SI, Inagaki T, Tsuchimochi H, Shirai M, Nozato Y, Fujimoto T, Imaizumi Y, Yokoyama S, Nagasawa M, Hamano G, Hongyo K, Kawai T, Hanasaki-Yamamoto H, Takeda S, Takahashi T, Akasaka H, Itoh N, Takami Y, Takeya Y, Sugimoto K, Nakagami H, Rakugi H. Angiotensin-converting enzyme 2 deficiency accelerates and angiotensin 1-7 restores age-related muscle weakness in mice. J Cachexia Sarcopenia Muscle. 2018 Oct;9(5):975-986. doi: 10.1002/jcsm.12334.
  5. Shimamura M, Nakagami H, Shimizu H, Mukai H, Watanabe R, Okuzono T, Kawano T, Ikeda Y, Hayashi H, Yoshida S, Ju N, Mochizuki H, Morishita R. Development of a novel RANKL-based peptide, microglial healing peptide1-AcN (MHP1-AcN), for treatment of ischemic stroke. Sci Rep. 2018 Dec 11;8(1):17770. doi: 10.1038/s41598-018-35898-z.
  6. Kawano T, Shimamura M, Nakagami H, Iso T, Koriyama H, Takeda S, Baba K, Sasaki T, Sakaguchi M, Morishita R, Mochizuki H. Therapeutic Vaccine Against S100A9 (S100 Calcium-Binding Protein A9) Inhibits Thrombosis Without Increasing the Risk of Bleeding in Ischemic Stroke in Mice. Hypertension. 2018 Dec;72(6):1355-1364. doi: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.118.11316.
  7. Shih CM, Lin FY, Yeh JS, Lin YW, Loh SH, Tsao NW, Nakagami H, Morishita R, Sawamura T, Li CY, Lin CY, Huang CY. Dysfunctional high density lipoprotein failed to rescue the function of oxidized low density lipoprotein-treated endothelial progenitor cells: a novel index for the prediction of HDL functionality. Transl Res. 2019 Mar;205:17-32. doi: 10.1016/j.trsl.
  8. Imaizumi Y, Takami Y, Yamamoto K, Nagasawa M, Nozato Y, Nozato S, Takeshita H, Wang C, Yokoyama S, Hayashi H, Hongyo K, Akasaka H, Takeya Y, Sugimoto K, Nakagami H, Rakugi H. Pathophysiological significance of cylindromatosis in the vascular endothelium and macrophages for the initiation of age-related atherogenesis. Biochem Biophys Res Commun. 2019 Jan 22;508(4):1168-1174. doi: 10.1016/j.bbrc.2018.12.025.
  9. Nakagami H, Morishita R. Therapeutic Vaccines for Hypertension: a New Option for Clinical Practice. Curr Hypertens Rep. 2018 Mar 19;20(3):22.
  10. Nakagami H, Morishita R. Recent Advances in Therapeutic Vaccines to Treat Hypertension. Hypertension. 2018 Nov;72(5):1031-1036. doi: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.118.11084.
  11. Hayashi H, Douglas T. Hess, Rongli Zhang, Keiki Sugi, Huiyun Gao, Bea L. Tan, Dawn E. Bowles, Carmelo A. Milano, Mukesh K. Jain, Walter J. Koch, Jonathan S. Stamler. S-nitrosylation of β-arrestins biases receptor signaling and confers ligand independence. Mol Cell. 2018; 70: 473-487
  12. Liao X, Shen Y, Zhang R, Sugi K, Vasudevan NT, Alaiti MA, Sweet DR, Zhou L, Qing Y, Gerson SL, Fu C, Wynshaw-Boris A, Hu R, Schwartz MA, Fujioka H, Richardson B, Cameron MJ, Hayashi H, Stamler JS, Jain MK. Jain. Distinct roles of resident and non-resident macrophages in non-ischemic cardiomyopathy. Proceedings of the National Academy of Sciences USA 2018;115:E4661-E4669.

総説・著書(日本語)

  1. 中神 啓徳 「高血圧:抗アンジオテンシンUワクチン」小児内科 東京医学社 Vol.50, No.10, 1743-1747, 2018.10
  2. 中神 啓徳 「遺伝子を用いたワクチン療法」医薬ジャーナル Vol.54, No.1, 91-95, 2018.1
  3. 中神 啓徳 「生活習慣病に対するワクチンの開発」医学のあゆみ Vol.264,No.5,469-474,2018.2.3
  4. 中神 啓徳 「高齢者の腎結石に対する各種降圧薬の影響」血圧(Journal of Blood Pressure) 先端医学社 Vol.25, No.3, 14-15, 2018.3
  5. 中神 啓徳 「症例11 高血圧症」わかりやすい疾患と処方薬の解説 ケーススタディ編 36-39, 2018.6
  6. 中神 啓徳 「生活習慣病を標的としたワクチン開発」ドラッグデリバリーシステム-バイオ医薬品創成に向けた組織、細胞内、核内送達技術の開発- シーエムシー出版 154-159,2018.6
  7. 中神 啓徳 「ワクチン」腎と透析 東京医学社 Vol.85,No.2,313-317,2018.8

受賞歴

林 宏樹
  • 平成30年度 大阪難病研究財団 医学研究助成
池田 裕香
  • 脳心血管抗加齢研究会2018YIA
  • 平成30年度 大阪難病研究財団 医学研究助成

2017年

学会発表・講演・座長

  1. 中神 啓徳 「プロレニンワクチンの開発」脳心血管抗加齢研究会2017、2017.12.17、大阪<口演>
  2. 中神 啓徳 「臓器連関とアンチエイジング」脳心血管抗加齢研究会2017、2017.12.16、大阪<座長>
  3. 中神 啓徳 「セッション4」第2回日本遺伝子細胞治療学会若手研究会セミナー、2017.12.15、東京<座長>
  4. 中神 啓徳 「新規機能性ペプチドを素材とした化粧品等の開発」オキナワベンチャーマーケット、2017.12.11、沖縄<口演>
  5. 中神 啓徳 「血管内皮細胞」心血管代謝週間CVMW2017、2017.12.8、大阪<座長>
  6. Hironori Nakagami 「Development of Therapeutic Vaccine for Hypertension and Diabetes」2017 DASAN CONFERENCE、2017.11.27、韓国<シンポジウム>
  7. 中神 啓徳 「一般演題」第53回高血圧関連疾患モデル学会学術総会、2017.11.25、福岡<座長>
  8. 中神 啓徳 「高血圧ワクチン開発への挑戦」第53回高血圧関連疾患モデル学会学術総会、2017.11.25、福岡<口演>
  9. Hironori Nakagami 「Session2: Immunological Approach for Non-communicable Diseases」The 14th Nikko International Symposium 2017、2017.10.27、栃木<シンポジウム>
  10. 中神 啓徳 「高血圧治療を目指したワクチン開発」第40回日本高血圧学会総会、2017.10.22、愛媛<口演>
  11. 中神 啓徳 「高血圧のトランスレーショナルリサーチ」第40回日本高血圧学会総会、2017.10.20、愛媛<座長>
  12. 中神 啓徳(co-author) 「Vasohibin-2を分子標的とした次世代型抗体療法の開発」第76回日本癌学会学術総会、2017.9.28、横浜<ポスター>
  13. 中神 啓徳 「新時代の血圧測定」第2回秋期特別日本血管生物医学会シンポジウム、2017.9.9、大阪<座長>
  14. 中神 啓徳 「Session 6 生体の恒常性維持」Molecular Cardiovascular Metabolic Conference2017、2017.9.2、神戸<座長>
  15. 中神 啓徳 「Glial fibrillary acidic protein (GFAP) is a novel biomarker for the prediction of autoimmune diabetes」Molecular Cardiovascular Metabolic Conference2017、2017.9.1、神戸<ポスター>
  16. Hironori Nakagami 「Development of therapeutic vaccines as an antibody therapy」KVSMO 2017 and the 15th Japan-Korea Joint Symposium of Vascular Biology、2017.8.25、韓国<シンポジウム>
  17. Hironori Nakagami 「Oral Session XIV」第23回日本遺伝子細胞治療学会学術集会、2017.7.22、岡山<座長>
  18. Hironori Nakagami 「Development of therapeutic vaccines for cardiovascular diseases」第23回日本遺伝子細胞治療学会学術集会、2017.7.21、岡山<Symposium>
  19. 中神 啓徳 「生活習慣病を標的としたワクチン開発」第33回日本DDS学会学術集会、2017.7.7、京都<シンポジウム>
  20. 中神 啓徳 「生活習慣病と免疫療法」国際医科学研究会 第14回フォーラム ストレスと免疫を新たな視点から考える、2017.6.25、東京<シンポジウム>
  21. 中神 啓徳 「遺伝統計学で迫る疾患病態解明とゲノム創薬」Research PlaNet2017、2017.6.25、京都<座長>
  22. 中神 啓徳 「アカデミア発の新規皮膚潰瘍治療薬開発を目指した医師主導治験への取り組み」第2回日本臨床薬理学会近畿地方会、2017.6.10、大阪<シンポジウム>
  23. 中神 啓徳 「微量金属が操る健康と疾患」第17回日本抗加齢医学会総会、2017.6.2、東京<座長>
  24. 中神 啓徳 「臨床試験に向けたアンジオテンシンUワクチンの開発」第6回臨床高血圧フォーラム、2017.5.13、岡山<シンポジウム>
  25. 中神 啓徳 「自己抗体に着目した腹部大動脈瘤発症メカニズムの検討」第2回日本血管不全学会学術集会、2017.4.16、東京<口演>
  26. 中神 啓徳 「Vascular Calcification Via RANKL Axis」Myocardial Ischemia Symposium in Korea 2017、2017.3.3、韓国<シンポジウム>
  27. 中神 啓徳 「心房細動患者の血管機能維持を考える-イグザレルトの可能性-」 「医系技官のお仕事〜ザッツ・厚労省〜」The 9th Cardiovascular Research Frontier、2017.2.25、神戸<座長>
  28. 中神 啓徳 「次世代バイオロジクスとしての能動免疫療法-生活習慣病・難病治療に向けた治療ワクチン開発-」能動免疫療法シンポジウム、2017.2.22、東京<シンポジウム>
  29. 中神 啓徳 「ペプチドを素材とした産学共創」第149回 彩都バイオサイエンスセミナー、2017.2.14、大阪<シンポジウム>
  30. 中神 啓徳 「生活習慣病を標的とした治療ワクチンの開発」第46回日本心脈管作動物質学会、2017.2.11、沖縄<シンポジウム>
  31. 島村 宗尚 「新規脳梗塞治療へむけたRANKLペプチドの改良についての検討」脳心血管抗加齢研究会2017、2017.12.16、大阪<ポスター>
  32. 島村 宗尚 「骨代謝関連分子OPG/RANKL/RANKと脳梗塞」脳心血管抗加齢研究会2017、2017.12.16、大阪<シンポジウム>
  33. 島村 宗尚 他 「S100A9をターゲットにした脳梗塞における抗血栓ペプチドワクチンの開発」第65回日本心臓病学会、2017.10.1、大阪<口演>
  34. 島村 宗尚 「S100A9をターゲットにした脳梗塞における抗血栓ペプチドワクチンの開発」バイエル循環器病研究助成第24回研究発表会、2017.10.1、大阪<シンポジウム>
  35. 島村 宗尚 「Therapeutic Effects of RANKL-Based Peptide MHP1 in Ischemic Brain in Mice」XXXIII World Congress of Neurology、2017.9.17、京都<口演>
  36. 島村 宗尚 「次世代バイオロジクスを目指した脳梗塞ワクチン開発」第10回神経内科カンファレンス、2017.9.5、東京<シンポジウム>
  37. 島村 宗尚 「RANKL部分ペプチドMHP1の改良による脳梗塞の新規治療法開発」第8回日本脳血管認知症学会、2017.8.5、東京<ポスター>
  38. 島村 宗尚 「加齢変化に伴う脳疾患の克服を目指して」第17回日本抗加齢医学会総会、2017.6.2、東京<座長>
  39. 島村 宗尚 「RANKL部分ペプチドによる脳梗塞における新規治療法についての検討」第42回日本脳卒中学会学術集会、2017.3.17、大阪<口演>
  40. Munehisa Shimamura 「New treatment」International Stroke Conference 2017、 2017.2.23、 Houston, 米国 <ポスター>
  41. 島村 宗尚 他 「Development of a novel therapy targeting RANKL/RANK signal in post-ischemic inflammation in stroke」第5回IRG Meeting、2017.1.7、東京<口演>
  42. 郡山 弘 「DNA Vaccine as New Treatment for Hypertension」第81回日本循環器学会学術集会、2017.3.18、金沢<シンポジウム>
  43. 林 宏樹 「糖尿病モデルマウスにおけるプロレニンワクチンの糖尿病性合併症に対する改善効果」心血管代謝週間CVMW2017、2017.12.9、大阪<ポスター>
  44. 林 宏樹 「S-ニトロシル化β-アレスチン2によるβ-アドレナリン受容体機能調節」Molecular Cardiovascular Metabolic Conference2017、2017.9.1、神戸<ポスター>
  45. 池田 裕香 「IL17Aを標的としたワクチンは自己免疫性糸球体腎炎モデルマウスにおいて治療効果を示す」心血管代謝週間CVMW2017、2017.12.10、大阪<口演>
  46. 池田 裕香 「ぺリオスチンのエクソン17を含む断片化は乳癌の転移に関与している」第76回日本癌学会学術総会、2017.9.29、横浜<ポスター>
  47. 池田 裕香 「IL-17Aを標的としたDNAワクチンは自己免疫性関節炎マウスモデルに対して治療効果を示す」第9回若手研究フォーラム、2017.9.20、大阪<ポスター>
  48. Yuka Ikeda 「Therapeutic efficacy of DNA vaccination against IL-17A in mice autoimmune arthritis models」第23回日本遺伝子細胞治療学会学術集会、2017.7.21、岡山<口演>
  49. 河野 友裕 「S100A9タンパク質を標的とした新規抗血栓ワクチンによる脳梗塞予防法の開発」脳心血管抗加齢研究会2017、2017.12.17、大阪<口演>
  50. 河野 友裕 「S100A9タンパク質を標的とした新規抗血栓ワクチンによる脳梗塞予防法の開発」心血管代謝週間CVMW2017、2017.12.10、大阪<ポスター>
  51. 河野 友裕 「S100A9タンパク質を標的とした新規抗血栓ワクチンによる脳梗塞予防法の開発」第8回日本脳血管認知症学会、2017.8.5、東京<口演>
  52. 河野 友裕 「S100A9タンパクをターゲットとした新規抗血栓ワクチンによる脳梗塞予防法の開発」Research PlaNet2017、2017.6.24、京都<ポスター>
  53. Tomohiro Kawano 「Development of Novel S100A9 Peptide Vaccine for Prevention of Thrombus Formation in Ischemic Stroke in Mice」 International Stroke Conference 2017、2017.2.23、 Houston, 米国 <口演>
  54. 天満 昭子 「機能性ペプチドの実用化を目指した抗体誘導ペプチドの開発」能動免疫療法シンポジウム、2017.2.22、東京<口演>

原著論文・総説(英文)

  1. Wakayama K, Shimamura M, Suzuki J, Watanabe R, Koriyama H, Nakagami H, Mochizuki H, Isobe M, Morishita R. Angiotensin II Peptide Vaccine Protects Ischemic Brain through Reducing Oxidative Stress. Stroke. 2017;48:1362-1368.
  2. Yutaka Nakaya, Daiju Fukuda, Takashi Oyamada, Kazuo Ogawa, Nagakatsu Harada, Hironori Nakagami, Ryuichi Morishita, Masataka Sata, and Hiroshi Sakaue. A novel lipoprotein(a)lowering drug, D-47, decreases neointima thickening after vascular injury. The Journal of Medical Investigation. Vol.64 No.1,2 2017 Feb
  3. Watanabe R, Suzuki JI, Wakayama K, Maejima Y, Shimamura M, Koriyama H, Nakagami H, Kumagai H, Ikeda Y, Akazawa H, Morishita R, Komuro I, Isobe M. Scientific Reports. 2017 Mar
  4. Pang Z, Kushiyama A, Sun J, Kikuchi T, Yamazaki H, Iwamoto Y, Koriyama H, Yoshida S, Shimamura M, Higuchi M, Kawano T, Takami Y, Rakugi H, Morishita R, and Nakagami H. Glial fibrillary acidic protein (GFAP) is a novel biomarker for the prediction of autoimmune diabetes. FASEB Journal. 2017 May
  5. Pang Z, Higuchi M, Koriyama H, Yoshida S, Kurinami H, Shimamura M, Takami Y, Rakugi H, Morishita R, Nakagami H. Vascular Calcification Via RANKL Axis. FEBS Lett. 2017 Jan
  6. Nakagami H, Yamaoka T, Hayashi M, Tanemura A, Takeya Y, Kurinami H, Sugimoto K, Nakamura A, Tomono K, Tamai K, Katayama I, Rakugi H, Kaneda Y. Physician-initiated first-in-human clinical study using a novel angiogenic peptide, AG30/5C, for patients with severe limb ulcers. Geriatr Gerontol Int. 2017 May
  7. Nakagami H. Design of therapeutic vaccines as a novel antibody therapy for cardiovascular diseases. J Cardiol. 2017 Apr

総説・著書(日本語)

  1. 中神 啓徳・森下 竜一 「遺伝子導入による血管再生治療および生活習慣病へのワクチン治療の開発」再生医療 Vol.16, No.4, 89-93, 2017.12
  2. 中神 啓徳 「生活習慣病に対するワクチン療法の可能性」日本医事新報 No.4876, 53, 2017.10
  3. 勝谷友宏・中神 啓徳・楽木 宏実・森下 竜一 「高齢者高血圧の個別化医療:フレイルからワクチンまで」血圧 先端医学社 Vol.24, No.9, 23-32, 2017.9
  4. 森下 竜一・中神 啓徳 「総論」CARDIAC PRACTICE メディカルレビュー社 Vol.28, No.3, 15-15, 2017.7
  5. 中神 啓徳 「高血圧DNAワクチンの開発」CARDIAC PRACTICE メディカルレビュー社 Vol.28, No.3, 29-32, 2017.7
  6. 中神 啓徳 「血圧コントロールのprecision medicine」循環器内科学 Vol.82, No.1, 49-54, 2017.7
  7. 中神 啓徳 「新規機能性ペプチドを用いた皮膚潰瘍治療薬の開発」日本フットケア学会雑誌 Vo.l5, No.2, 55-60, 2017.7
  8. 中神 啓徳 「循環器疾患とサプリメントに関するエビデンスを識る」Heart View Vol.21, No.6, 70-75, 2017.6
  9. 中神 啓徳 「新規抗菌性ペプチドによる難治性皮膚潰瘍治療薬の臨床試験」抗菌ペプチドの機能解明と技術利用 123-133, 2017.5
  10. 中神 啓徳 「毎日の血圧測定を習慣づけ高血圧予防へ」まいんど 日本フルハップ Vol.29, 18-19, 2017.4
  11. 中神 啓徳 「高血圧ワクチンから薬物予防まで」医学のあゆみ 医歯薬出版 Vol.260, No.5, 486-487, 2017.2
  12. 島村 宗尚 「認知症と脳血管老化」医学のあゆみ Vol.261, No.6, 601-605, 2017.5
  13. 島村 宗尚 「夏場に多発する脳梗塞 生活改善で元気に長生き」まいんど 日本フルハップ Vol.29, 18-19, 2017.6

2016年

学会発表・講演・座長

  1. 中神 啓徳 「マイクロCTを用いた時間的・空間的なマウスの石灰化評価」脳心血管抗加齢研究会2016、2016.12.18、東京<ポスター>
  2. 中神 啓徳 「性差・ホルモンの視点から循環器疾患・生活習慣病を考える」脳心血管抗加齢研究会2016、2016.12.17、東京<座長>
  3. 中神 啓徳 「一般演題3」第1回日本遺伝子細胞治療学会若手研究会セミナー、2016.12.9、東京<座長>
  4. Hironori Nakagami 「Novel Functional Peptide for Wound Healing Drug; From Discovery to Clinical Trial」第24回日本血管生物学会学術集会、2016.12.8、長崎<シンポジウム>
  5. Hironori Nakagami 「Development of Angiotensin II Vaccine for hypertension」第24回日本血管生物学会学術集会、2016.12.8、長崎<口演>
  6. 中神 啓徳 「ペプチドを素材とした化粧品・医薬品原料の開発」日本抗加齢協会第1回学術フォーラム、2016.12.6、京都<口演>
  7. 中神 啓徳 「一般演題(ポスター)」日本抗加齢協会第1回学術フォーラム、2016.12.5、京都<座長>
  8. 中神 啓徳 「新規機能性ペプチドを用いた難治性皮膚潰瘍治療薬の開発」第26回日本循環薬理学会、2016.12.2、長野<シンポジウム>
  9. 中神 啓徳 「治験責任医師」阪大GCPセミナー、2016.11.30、大阪<口演>
  10. 中神 啓徳 「高齢化社会に向けた次世代抗体治療法の開発」第3回Geroscience Initiative Japan in Sendai、2016.11.26、仙台<口演>
  11. Hironori Nakagami 「Translational Research of Novel Angiogenic Peptide for Wound Healing Drug; From Discovery to Clinical Trial」19th International Vascular Biology Meeting、2016.10.31、Boston<Poster>
  12. Hironori Nakagami 「LARGE VESSEL DISEASE」19th International Vascular Biology Meeting、2016.10.31、Boston<Chairs>
  13. 中神 啓徳 「高血圧を標的とした抗体誘導ワクチンの開発」第14回宮城血管フォーラム、2016.10.26、仙台<口演>
  14. 中神 啓徳 「難治性皮膚潰瘍治療薬開発を目指した新規機能性ペプチドの実用化」第27回日本老年医学会近畿地方会、2016.10.22、大阪<口演>
  15. 中神 啓徳 「一般演題B3加齢・褥瘡」第27回日本老年医学会近畿地方会、2016.10.22、大阪<座長>
  16. 中神 啓徳 「アンジオテンシンUを標的とした高血圧・心不全ワクチンの開発」第39回日本高血圧学会総会、2016.10.2、仙台<シンポジウム>
  17. 中神 啓徳 「一般口演(臨床)腎臓2」第39回日本高血圧学会総会、2016.9.30、仙台<座長>
  18. Hironori Nakagami 「Novel therapeutic approach for cerebral ischemia in rats with angiotensin II peptide vaccine」26th International Society of Hypertension、2016.9.28、Korea<Moderate Poster>
  19. Hironori Nakagami 「Develop a therapeutic vaccine for angiotensin II」26th International Society of Hypertension、2016.9.27、Korea<Oral>
  20. Hironori Nakagami 「Vascular Calcification via RANKL Axis」The 5th International Congress on Lipid Metabolism & Atherosclerosis、2016.9.10、Korea<Symposium>
  21. 中神 啓徳 「炎症・免疫」Molecular Cardiovascular ConferenceU、2016.9.2、東京<座長>
  22. 中神 啓徳 「高血圧ワクチンの実用化に向けて」第2回沖縄臨床高血圧研究会、2016.9.1、沖縄<シンポジウム>
  23. 中神 啓徳 「生活習慣病を標的とした治療ワクチンの開発」第17回Atherosclerosis and Biolipid Conference、2016.8.6、東京<シンポジウム>
  24. 中神 啓徳 「遺伝子ワクチン用新規デバイスの開発と応用」第22回日本遺伝子細胞治療学会学術集会、2016.7.28、東京<イブニングセミナー>
  25. Hironori Nakagami 「Novel gene delivery and vaccine system in combination with pyrotechnic needle-free injection system」NANO KOREA 2016 Symposium、2016.7.13、韓国<シンポジウム>
  26. 中神 啓徳 「新規機能性ペプチドAG30/5Cを用いた難治性皮膚潰瘍治療薬の臨床研究」第58回日本老年医学会学術集会、2016.6.10、金沢<口演>
  27. 中神 啓徳 「糖尿病ワクチンによる老化抑制の可能性」第58回日本老年医学会学術集会、2016.6.9、金沢<シンポジウム>
  28. 中神 啓徳 「医療リアルワールドデータの勃興による臨床研究の大転換」Research PlaNet 2016、2016.5.28、東京<座長>
  29. 中神 啓徳 「骨と多臓器間のネットワークによる代謝調整」Research PlaNet 2016、2016.5.28、東京<座長>
  30. 中神 啓徳 「次世代バイオロジクスとしての高血圧ワクチンの臨床応用」第5回臨床高血圧フォーラム、2016.5.14、東京<シンポジウム>
  31. 中神 啓徳 「Challenge to develop a therapeutic vaccine for the patients with high blood pressure」第80回日本循環器学会、2016.3.17、仙台<シンポジウム>
  32. Hironori Nakagami 「Development of Angiotensin II vaccine」Gordon Research Conference on Angiotensin, 2016. 2. 22. Renaissance Tuscany Il Ciocco in Lucca (Barga) Italy<Poster>
  33. 島村 宗尚 「新規RANKL部分ペプチドMHP1による脳梗塞治療法の開発」脳心血管抗加齢研究会2016、2016.12.17、東京<ポスター>
  34. 島村 宗尚 「S100A9をターゲットにした脳梗塞における抗血栓ペプチドワクチンの開発」バイエル循環器病研究助成第24回研究発表会、2016.10.1、大阪<シンポジウム>
  35. 島村 宗尚 「RANKL由来部分ペプチドによる新規脳梗塞治療法の開発」第7回日本脳血管・認知症学会学術大会、2016.8.6、金沢<ポスター>
  36. 島村 宗尚 「Long-term Expression of Periostin in Ischemic Brain in Mice」第16回日本抗加齢医学会総会、2016.6.12、横浜<ポスター>
  37. 島村 宗尚 「分子メカニズムから迫る抗加齢医学」第16回日本抗加齢医学会総会、2016.6.11、横浜<座長>
  38. 島村 宗尚 「A novel partial anosit-like RANKL peptide inhibiting TLR-induced inflammation in ischemic brain」第57回日本神経学会総会、2016.5.20、兵庫<口演、英語>
  39. 若山 幸示、島村 宗尚 「Angiotensin II Vaccine Attenuates White Matter Damage after Chronic Cerebral Hypoperfusion in Rats」第57回日本神経学会総会、2016.5.19、兵庫<ポスター、英語>
  40. 島村 宗尚 「Therapeutic Application of an Angiotensin II Peptide Vaccine in a Middle Cerebral Artery Occlusion Model in Rats」International Stroke Conference 2016、2016.2.18、米国ロサンゼルス<ポスター>
  41. 郡山 弘 「関節炎に対するIL-17ワクチンによる新規治療法の開発」日本脊椎関節炎学会第26回学術集会、2016.9.24、東京<口演>
  42. 郡山 弘 「The development of IL-17A vaccine」第22回日本遺伝子細胞治療学会学術集会、2016.7.30、東京<シンポジウム>
  43. 郡山 弘 「The development of candidate vaccine against MERS-CoV」第22回日本遺伝子細胞治療学会学術集会、2016.7.29、東京<ポスター>
  44. 郡山 弘 「高血圧症に対するアンジオテンシンUワクチンによる新規治療法の開発」第16回日本抗加齢医学会総会、2016.6.10、横浜<口演>
  45. Hiroshi Koriyama 「The development of Angiotension II vaccine for hypertension」HYPERTENSION SUMMIT 2016 KYOTO、2016.5.31、京都<ポスター>
  46. Hitomi Kurinami 「704.10/AA5-Development of a novel anti-inflammatory and anti-osteoclastic peptidebased on RANKL for treatment of ischemic stroke」Society for Neuroscience、2016.11.16、San Diego<Poster>
  47. 栗波 仁美 「Development of a Novel Anti-inflammatory and Anti-osteoplastic Peptide Based on De-loop and Ef-loop in Rankl for Treatment」International Stroke Conference 2016、2016.2.18、米国ロサンゼルス<口演>
  48. Futoshi Nakagami 「Impact of anto-antibody in the development of abdominal aortic aneurysm」第24回日本血管生物学会学術集会、2016.12.8、長崎<口演>
  49. Ryo Kawakami 「Impact of micro-CT to evaluate calcification in apoE deficient mice models over space and time」19th International Vascular Biology Meeting、2016.11.2、米国ボストン<Poster>
  50. 河上 良 「Development of a protocol to evaluate calcification in vivo mouse models over space and time」Molecular Cardiovascular ConferenceU、2016.9.2、東京<ポスター>
  51. Yuka Ikeda 「Vaccination against IL-17A suppresses autoimmune arthritis in mice」第24回日本血管生物学会学術集会、2016.12.10、長崎<口演>
  52. 池田 裕香 「ペリオスチンexon17領域を含む断片化は乳癌の肺への転移に関与する」第75回日本癌学会学術総会、2016.10.7、横浜<口演>
  53. 池田 裕香 「ペリオスチンアイソフォームのexon17領域を含む断片は乳癌の肺への転移に関与する」Molecular Cardiovascular ConferenceU、2016.9.2、東京<ポスター>

原著論文・総説(英文)

  1. Shimamura M, Nakagami H, Sata M, Kurinami H, Wakayama H, Mochizuki H, Morishita R. Mouse Models of Vascular Diseases. “A model of Stroke and Vascular Injury in the Brain.” Springer 2016; 263-275.
  2. Kurinami H, Shimamura M, Nakagami H, Shimizu H, Koriyama H, Kawano T, Wakayama K, Mochizuki H, Rakugi H, Morishita R. A Novel Therapeutic Peptide as a Partial Agonist of RANKL in Ischemic Stroke. Scientific Reports 2016; 29;6:38062.
  3. Kawakami R, Nakagami H, Noma T, Ohmori K, Kohno M, Morishita R. RANKL system in vascular and valve calcification with aging. Inflammation and Regeneration 2016; 36:10

総説・著書(日本語)

  1. 中神 啓徳 「第22回日本遺伝子細胞治療学会総会」再生医療12 メディカルレビュー社 Vol.15, No.4, 45-46, 2016.12
  2. 中神 啓徳 「第3章高血圧と臓器障害の病態生理 高血圧の病因」診断と治療のABC 116最新医学社 60-66, 2016.10
  3. 中神 啓徳 「血管新生能を有する機能性ペプチドを用いた皮膚潰瘍治療」循環器内科 科学評論社 Vol.80, No.4, 281-285, 2016.10
  4. 中神 啓徳 「ここまで進んだ循環器分野での先進医療」循環器内科 科学評論社 Vol.80, No.4, 247-249, 2016.10
  5. 中神 啓徳 「高血圧と骨粗鬆症、降圧薬と骨粗鬆症」骨粗鬆症治療薬クリニカルクエスチョン100 診断と治療社 49-50, 2016.9
  6. 中神 啓徳 「難治性皮膚潰瘍の薬物治療」内科総合誌 文光堂 Vol.33, No.9, 1478-1478, 2016.9
  7. 中神 啓徳 「DNAワクチン」TOTAL VASCULAR MANAGEMENT メディカルレビュー社 ISSUE3, 42-46, 2016.7
  8. 中神 啓徳 「インクレチン関連薬の降圧効果と血管保護効果」腎・高血圧の最新治療 フジメディカル出版 Vol.5, No.3, 108-113, 2016.7
  9. 中神 啓徳 「新規機能性ペプチドを用いた皮膚潰瘍外用薬の開発」臨床薬理の進歩2016 公益財団法人臨床薬理研究振興財団 34-46, 2016.6
  10. 中神 啓徳 「糖尿病潰瘍に対する新たな薬物治療開発への挑戦」PRACTICE JOURNAL OF PRACTICAL DIABETES Vol.33, No.3, 313-318, 2016.5
  11. 中神 啓徳 「高血圧」骨・臓器ネットワークとオステオサイト メディカルレビュー社 158-166, 2016.2
  12. 中神 啓徳 「高血圧とNAFLD(nonalcoholic fatty liver disease)との関連」血圧 先端医学社 Vol.23, No.1, 14-15, 2016.1
  13. 島村 宗尚 「100歳まで生きるための本100選:脳の老化を防ぐ生活習慣 認知症予防と豊かにおいるヒント」アンチエイジング医学-日本抗加齢医学会雑誌-. Vol.12 No.3 98-100, 2016

受賞歴

島村 宗尚
  • 脳心血管抗加齢研究会2016ポスター賞
  • 第7回日本脳血管・認知症学会学術大会YIA賞
  • 第24回(2016年度)バイエル循環器病研究助成
  • 平成28年度持田記念研究助成
  • 平成28年度冲中記念成人病研究助成
郡山 弘
  • 2016年度日本抗加齢医学会研究奨励賞

2015年

学会発表・講演・座長

  1. 中神 啓徳 「骨代謝と脳血管病の共通分子基盤の解析」第23回日本血管生物医学会学術集会、2015.12.11、神戸<シンポジウム>
  2. 中神 啓徳 「炎症・免疫応答を機軸とした癌・血管病の新規治療戦略」脳心血管抗加齢研究会2015、2015.11.29、大阪<座長>
  3. Hironori Nakagami 「Translational Research of Novel Angiogenic Peptide for Wound Healing Drug;From Discovery to Clinical Trial」American Heart Association2015、2015.11.10、オーランド<ポスター>
  4. 中神 啓徳 「ポスターミニシンポ2・発表」第51回高血圧関連疾患モデル学会、2015.10.30、大阪<座長>
  5. 中神 啓徳 「高血圧ワクチン実用化を目指したトランスレーショナルリサーチ」第9回 Trends of Cardiovascular Disease in Nagasaki、2015.10.20、長崎<口演>
  6. 中神 啓徳 「教育講演1」第21回国際個別化医療学会、2015.10.17、大阪<座長>
  7. 中神 啓徳 「Development of therapeutic vaccine for hypertension」第21回国際個別化医療学会、2015.10.17、大阪<ポスター>
  8. 中神 啓徳 「教育講演10」第38回日本高血圧学会、2015.10.11、愛媛<座長>
  9. 中神 啓徳 「高血圧合併症と骨関連分子との関連」第38回日本高血圧学会、2015.10.11、愛媛<シンポジウム>
  10. 中神 啓徳 「Angiotensin II Vaccine May One Day Help Lower Blood Pressure」第38回日本高血圧学会、2015.10.10、愛媛<会長特別企画・口演>
  11. 中神 啓徳 「(臨床)尿酸」第38回日本高血圧学会、2015.10.9、愛媛<座長>
  12. 中神 啓徳 「ポスターセッション」第6回Molecular Cardiovascular Conference II (MCCII)、2015.9.4、福岡<座長>
  13. 中神 啓徳 「レニン・アンジオテンシン系を機軸とした骨・血管老化関連疾患」第36回日本炎症・再生医学会、2015.7.21、東京<シンポジウム>
  14. 中神 啓徳 「高血圧・動脈硬化における免疫応答の解析と新規治療法の開発」第47回日本動脈硬化学会総会・学術集会、2015.7.10、仙台<シンポジウム>
  15. 中神 啓徳 「Keynote Lecture」Research PlaNet2015、2015.6.23、大阪<座長>
  16. 中神 啓徳 「新規抗菌性ペプチドAG30を用いた難治性皮膚潰瘍治療薬の臨床研究」第57回日本老年医学会学術集会、2015.6.14、横浜<受賞講演>
  17. 中神 啓徳 「生活習慣病・血管石灰化・骨代謝分子機構を標的とした新規治療を考察する」第57回日本老年医学会学術集会、2015.6.14、横浜<シンポジウム>
  18. 中神 啓徳 「シンポジウム22栄養と健康長寿〜抗酸化食品・機能性成分に注目して〜」第15回日本抗加齢医学会総会、2015.5.31、福岡<座長>
  19. 中神 啓徳 「高血圧を標的としたDNAワクチンの開発」第15回日本抗加齢医学会総会、2015.5.30、福岡<受賞講演>
  20. 中神 啓徳 「循環器疾患における遺伝子治療」第15回日本抗加齢医学会総会、2015.5.29、福岡<シンポジウム>
  21. 中神 啓徳 「生活習慣病、骨代謝の改善を目指した配合剤の活用」第4回臨床高血圧フォーラム、2015.5.24、福岡<シンポジウム>
  22. 中神 啓徳 「骨粗鬆症・脳心血管病の共通分子基盤」第14回松本ボーンフォーラム、2015.5.16、長野<シンポジウム>
  23. 中神 啓徳 「高血圧ワクチンの開発」第88回日本内分泌学会学術総会、2015.4.25、東京<ポスター>
  24. 中神 啓徳 「新規抗菌性ペプチドの同定から臨床研究・医師主導治験に向けた開発」第88回日本薬理学会年会、2015.3.19、名古屋<口演>
  25. 中神 啓徳 「生活習慣病を標的としたワクチン開発への挑戦」第4回分子循環器研究会、2015.3.18、三重<口演>
  26. 中神 啓徳 「新規機能性ペプチドの発見から臨床開発に向けて」メディカルジャパン2015大阪、2015.2.4、大阪<口演>
  27. 中神 啓徳 「療薬の開発研究への道程」第2回ヤング・サイエンティスト・シンポジウム、2015.1.24、東京<シンポジウム>
  28. 島村 宗尚 「脳梗塞後炎症におけるOPG/RANKL/RANKシグナルの機能解明」脳心血管抗加齢研究会2015、2015.11.28、大阪<口演>
  29. 島村 宗尚 「明日からできる脳心血管病の予知、予防対策」脳心血管抗加齢研究会2015、2015.11.28、大阪<座長>
  30. 島村 宗尚 「教育講演3」第21回国際個別化医療学会、2015.10.17、大阪<座長>
  31. 島村 宗尚 「脳梗塞後の炎症を制御するRANKL-RANKシグナルについての検討」第21回国際個別化医療学会、2015.10.17、大阪<ポスター>
  32. 島村 宗尚 「脳血管傷害後のリモデリング過程の解析 -頭蓋外血管との比較-」第38回日本高血圧学会、2015.10.9、愛媛<口演>
  33. 島村 宗尚 「パーキンソン病と脳梗塞の治療開発はどこまで進んだか?-ワクチンと細胞療法を中心に」第16回熊本神経内科臨床医会、2015.10.7、熊本<シンポジウム>
  34. 島村 宗尚 「脳血管老化と認知症予防」第5回日本認知症予防学会学術集会、2015.9.26、神戸<シンポジウム>
  35. 島村 宗尚 「RANK シグナルをターゲットにした脳梗塞における新規治療法についての検討」第6回日本脳血管・認知症学会学術大会、2015.9.19、東京<口演>
  36. 島村 宗尚 「脳内RANKL/RANK 系の活性化による虚血後炎症の脳障害に及ぼす役割」第15回日本抗加齢医学会総会、2015.5.31、福岡<口演>
  37. 島村 宗尚 「RANKL-RANK シグナルをターゲットにした新規合成ペプチドによる脳梗塞治療の開発」第15回日本抗加齢医学会総会、2015.5.29、福岡<口演>
  38. 島村 宗尚 「RANKL-RANK is anovel anti-inflammatory signaling system in ischemic brain」第56回日本神経学会学術大会、2015.5.20、新潟<口演>
  39. 島村 宗尚 「マウスを用いた脳梗塞慢性期における細胞外基質ペリオスチンの発現」第40回日本脳卒中学会総会、2015.3.27、広島<口演>
  40. 郡山 弘 「アンジオテンシンIIワクチンの開発」第23回日本血管生物医学会学術集会、2015.12.11、神戸<ポスター>
  41. 郡山 弘 「アンジオテンシンIIワクチンの開発」脳心血管抗加齢研究会2015、2015.11.28、大阪<口演>
  42. 郡山 弘 「IL-17Aワクチンの開発」関西血管生物研究会2015、2015.10.31、大阪<口演>
  43. 郡山 弘 「高血圧治療における最近の話題〜ワクチン治療を含めて〜」Molecular Jungle 2015、2015.10.16、大阪<口演>
  44. 郡山 弘 「アンジオテンシンIIワクチンによる高血圧症の新規治療法の開発」第38回日本高血圧学会、2015.10.9、愛媛<口演>
  45. 郡山 弘 「ポスターセッション:基礎(その他)」第38回日本高血圧学会、2015.10.9、愛媛<座長>
  46. 郡山 弘 「IL-17ワクチンの開発」第6回Molecular Cardiovascular Conference II (MCCII)、2015.9.4、福岡<ポスター>
  47. Hiroshi Koriyama 「The Development of IL-17A Vaccine」第21回 日本遺伝子治療学会、2015.7.24、大阪<プレナリーレクチャー>
  48. 郡山 弘 「IL-17ワクチンの開発」大阪大学第4回若手研究フォーラム、2015.2.17、大阪<ポスター>
  49. 郡山 弘 「次世代バイオロジクスとしての治療ワクチンの開発」ACT japan 第19回 未来医療交流会、2015.1.30、大阪<ポスター>
  50. 栗波 仁美 「RANKLシグナルをターゲットにした脳梗塞における新規治療法についての検討」脳心血管抗加齢研究会2015、2015.11.28、大阪<口演>
  51. 樋口 勝能 「Glial fibrillary acidic protein (GFAP) as a new biomarker for type 1 diabetes」第6回Molecular Cardiovascular Conference II (MCCII)、2015.9.4、福岡<ポスター>

原著論文・総説(英文)

  1. Nakagami H. Evaluation of the genetic risk of hypertension-related diseases. Circulation journal 2015;79:756-757.
  2. Nakagami H, Morishita R. Development of DNA vaccines as an anti-hypertensive therapy or for anti-angiogenesis. Expert Opin Biol Ther. 2015 Mar;15(3):431-6
  3. Morishita R, Nakagami H. Teneligliptin: expectations for its pleiotropic action. Expert Opin Pharmacother. 2015 Feb;16(3):417-26
  4. Rodriguez-Araujo G, Nakagami H, Takami Y, Katsuya T, Akasaka H, Saitoh S, Shimamoto K, Morishita R, Rakugi H, Kaneda Y. Low alpha-synuclein levels in the blood are associated with insulin resistance. Sci Rep. 2015 Jul 10;5:12081
  5. Lin FY, Tsao NW, Shih CM, Lin YW, Yeh JS, Chen JW, Nakagami H, Morishita R, Sawamura T, Huang CY. The biphasic effects of oxidized-low density lipoprotein on the vasculogenic function of endothelial progenitor cells. PLoS One. 2015;27;10(5):e0123971.
  6. Yamamoto K, Kakino A, Takeshita H, Hayashi N, Li L, Nakano A, Hanasaki-Yamamoto H, Fujita Y, Imaizumi Y, Toyama-Yokoyama S, Nakama C, Kawai T, Takeda M, Hongyo K, Oguro R, Maekawa Y, Itoh N, Takami Y, Onishi M, Takeya Y, Sugimoto K, Kamide K, Nakagami H, Ohishi M, Kurtz TW, Sawamura T, Rakugi H. Oxidized LDL (oxLDL) activates the angiotensin II type 1 receptor by binding to the lectin-like oxLDL receptor. FASEB J. 2015;29(8):3342-56
  7. Aoki M, Kawahata H, Sotobayashi D, Yu H, Moriguchi A, Nakagami H, Ogihara T, Morishita R. Effect of angiotensin II receptor blocker, olmesartan, on turnover of bone metabolism in bedridden elderly hypertensive women with disuse syndrome. Geriatr Gerontol Int. 2015;15(8):1064-72
  8. Kawahata H, Sotobayashi D, Aoki M, Shimizu H, Nakagami H, Ogihara T, Morishita R. Continuous infusion of angiotensin II modulates hypertrophic differentiation and apoptosis of chondrocytes in cartilage formation in a fracture model mouse. Hypertens Res. 2015;38(6):382-93.
  9. Shimamura M, Nakagami H, Mochizuki H and Morishita R. Novel Molecular Mechanism in Toll-Like Receptor-Related Inflammation in the Ischemic Brain. J Cardiovasc Disord. 2015;2(1): 1010.
  10. Koriyama H, Nakagami H, Nakagami F, Osako MK, Kyutoku M, Shimamura M, Kurinami H, Katsuya T, Rakugi H, Morishita R. Long-Term Reduction of High Blood Pressure by Angiotensin II DNA Vaccine in Spontaneously Hypertensive Rats. Hypertension. 2015;66(1):167-174.

総説・著書(日本語)

  1. 中神 啓徳 「治療抵抗性高血圧患者に対する腎動脈内除神経術の臨床試験」アンチ・エイジング医学 メディカルレビュー社 Vol.11, No.6, 096-097, 2015.12
  2. 中神 啓徳 「血管病の分子病態」新・血栓止血血管学 Kinpodo 34-39, 2015.8
  3. 中神 啓徳 「骨代謝・血管石灰化・高血圧の分子機構」The Lipid メディカルレビュー社 Vol.26, No.3, 45-50, 2015.8
  4. 中神 啓徳 「老化に伴う血管石灰化機構」日本血栓止血学会 メディカルトリビューン Vol.26, No.3, 284-289, 2015.6
  5. 中神 啓徳 「高血圧ワクチンの展望」Medical Practice 文光堂 Vol.32, No.5, 813-815, 2015.5
  6. 中神 啓徳 「高血圧と骨粗鬆症」Anti-aging Science メディカルレビュー社 Vol.7, No.1, 29-32, 2015.4
  7. 中神 啓徳 「血管病のAggressive Preventionを考える」予防医療アグレッシブ メディカルレビュー社 Vol.2, No.1, 30-38, 2015.2
  8. 中神 啓徳 「RANKLとRASのクロストークによる血管石灰化促進の可能性」Angiotensin Research 先端医学社 Vol.12, No.1, 56-59, 2015.1
  9. 島村 宗尚 「糖尿病・脂質異常症と認知症」最新精神医学 世論時報社 Vol.20, No.6, 517-524, 2015.12
  10. 島村 宗尚 「メタボリックシンドロームと認知症」アンチエイジング医学の基礎と臨床 メジカルビュー社 Vol.3, 209-210, 2015.9
  11. 島村 宗尚 「高齢者(認知症を含む)におけるRAS抑制薬の位置づけ」Angiotensin Research 先端医学社 Vol.12, No.1, 43-49, 2015.1
  12. 天満 昭子 「創傷治癒効果と抗菌効果を併せ持つペプチドの創生」バイオインダストリー シーエムシー出版 Vol.32, No.3, 49-56, 2015.3
  13. 冨岡 英樹 「抗菌ペプチドの創傷治癒治療薬としての開発」エンドトキシン・自然免疫研究 医学図書出版(株) Vol.18, 13-18, 2015.9

受賞歴

中神 啓徳
  • 第4回大阪大学総長顕彰・研究部門
島村 宗尚
  • 第6回日本脳血管・認知症学会学術大会YIA(若手奨励賞)
  • 2015年度医学系研究奨励(精神・神経・脳領域)
  • 2015年度日本抗加齢医学会研究奨励賞
栗波 仁美
  • 脳心血管抗加齢研究会 2015 最優秀YIA

2014年

学会発表・講演・座長

  1. 中神 啓徳 「血管新生作用を有する新規ペプチドの虚血性潰瘍への応用」脳心血管抗加齢研究会2014、2014.12.7、大阪<口演>
  2. 中神 啓徳 「YIA審査口演1」脳心血管抗加齢研究会2014、2014.12.6、大阪<座長>
  3. Hironori Nakagami 「Poster Presentaion 2」第31回国際心臓研究学会、2014.11.28、名古屋<座長>
  4. Hironori Nakagami 「Recent Progress of Gene Therapy in Cardiovascular Diseases」第31回国際心臓研究学会、2014.11.28、名古屋<シンポジウム>
  5. 中神 啓徳 「Lecture2」The 15th Meeting of New Wave、2014.11.17、シカゴ<座長>
  6. 中神 啓徳 「新規抗菌性ペプチドの同定・改良による難治性皮膚潰瘍外用薬の開発」第11回DIA日本年会、2014.11.17、東京<シンポジウム>
  7. 中神 啓徳 「高血圧ワクチンの歴史とその必要性」第21回日本未病システム学会学術総会、2014.11.1、大阪<ポスター>
  8. 中神 啓徳 「次世代バイオロジクスとしての高血圧ワクチン開発」第37回日本高血圧学会総会、2014.10.18、横浜<シンポジウム>
  9. Hironori Nakagami 「Oligonucleotide therapy and gene therapy」第73回日本癌学会学術総会、2014.9.27、横浜<ポスター座長>
  10. 中神 啓徳 「一般演題ポスターセッション4」第5回Molecular Cardiovascular Conference U、2014.9.5、神戸<座長>
  11. 中神 啓徳 「血管新生〜基礎から臨床応用まで〜」第5回Molecular Cardiovascular Conference U、2014.9.5、神戸<パネルディスカッション司会>
  12. Hironori Nakagami 「DNA Vaccine Technology as Novel Therapy for Hypertension」第20回日本遺伝子治療学会学術集会、2014.8.8、東京<ランチョンセミナー>
  13. 中神 啓徳 「なぜ加齢とともに骨は脆くなり、血管は硬くなるか?」第34回日本歯科薬物療法学会学術大会、2014.6.22、大阪<特別講演>
  14. 中神 啓徳 「そのあぶら大丈夫ですか?:脂質分子と疾患の関連」第14回日本抗加齢医学会総会、2014.6.8、大阪<座長>
  15. 中神 啓徳 「Therapeutic vaccine against DPP4 improves glucose metabolism in mice」第14回日本抗加齢医学会総会、2014.6.7、大阪<口演>
  16. 中神 啓徳 「実老化を予測する-臓器年齢を統合し実年齢を評価する-」第14回日本抗加齢医学会総会、2014.6.6、大阪<座長>
  17. 中神 啓徳 「高血圧ワクチン開発に向けた基礎的検討」第3回臨床高血圧フォーラム、2014.5.24、広島<シンポジウム>
  18. 中神 啓徳 「血管アンチエイジングを考慮した高血圧治療」第3回臨床高血圧フォーラム、2014.5.24、広島<シンポジウム>
  19. 中神 啓徳 「SHR/NDmcr-cpラットの加齢性変化の観察及びTeneligliptinの薬効評価」第57回日本糖尿病学会年次学術集会、2014.5.23、大阪<ポスター>
  20. 中神 啓徳 「一般演題(口演)1.循環器」第14回日本NO学会学術集会、2014.5.16、佐賀<座長>
  21. 中神 啓徳 「メタボリック症候群モデルラットSHR/NDmcr-cpの血管内皮機能の加齢変化」第14回日本NO学会学術集会、2014.5.16、佐賀<口演>
  22. Hironori Nakagami 「Development of DNA vaccine as an anti-angiogenic therapy」Workshop Cancer Vaccines and Immunomodulation、2014.4.29、ナント、フランス<シンポジウム>
  23. Hironori Nakagami 「Impact of angiotensin II blockade for hypertension and metabolic syndrome」The 18th International Vascular Biology Meeting、2014.4.16、京都<ランチョンセミナー>
  24. Hironori Nakagami 「Teneligliptin treatment improves endothelial function in SHR/NDmcr-cp rat」The 18th International Vascular Biology Meeting、2014.4.15、京都<ポスター>
  25. Hironori Nakagami 「A Novel Anti-microbial Peptide, SR-0379, Accelerated Wound Healing; Toward Clinical Application」The 18th International Vascular Biology Meeting、2014.4.14、京都<シンポジウム>
  26. 中神 啓徳 「Clinical Application of Novel Angiogenic Peptide for Severe Ischemic Ulcer; from Discovery to Drug Development from Academia」第78回日本循環器学会学術集会、2014.3.23、東京<シンポジウム>
  27. Hironori Nakagami 「Impact of Teneligliptin or DPP4 Vaccine on Glycemic Control in SHRcp or Diabetic Mice」第78回日本循環器学会学術集会、2014.3.23、東京<口演>
  28. 中神 啓徳 「磁気力を用いた治療ワクチンへの対応」平成26年電気学会全国大会、2014.3.20、愛媛<シンポジウム>
  29. Hironori Nakagami 「Results of novel therapeutic vaccine for lipoprotein(a) in mice」3rd Dresden International Symposium on Therapeutic Apheresis、2014.3.15、ドレスデン、ドイツ<シンポジウム>
  30. 中神 啓徳 「Therapeutic Vaccine against DPP4 in Mice」第8回Cardio-Diabetes研究会、2014.3.2、東京<口演>
  31. 中神 啓徳 「血管石灰化の新たな分子機構」CKDと血管石灰化を考える会in KOBE、2014.2.25、神戸<特別口演>
  32. 中神 啓徳 「血管石灰化の新たな分子機構」日本心脈管作動物質学会、2014.2.16、神戸<ランチョンセミナー>
  33. 中神 啓徳 「血管石灰化と骨代謝の共通分子基盤としてのレニンアンジオテンシン系」第19回アンジオテンシンカンファレンス、2014.2.1、大阪<口演>
  34. 島村 宗尚 「一般口演1」脳心血管抗加齢研究会2014、2014.12.6、大阪<座長>
  35. 島村 宗尚 「頭蓋外血管と比較した脳血管傷害後のリモデリング過程の解析」脳心血管抗加齢研究会2014、2014.12.6、大阪<口演>
  36. 島村 宗尚 「RANKL-RANKシグナルは脳梗塞後の炎症を制御する新規のシグナル分子である」第21回日本未病システム学会学術総会、2014.11.1、大阪<ポスター>
  37. 島村 宗尚 「脳梗塞慢性期におけるペリオスチンの発現解析」第37回日本高血圧学会総会、2014.10.18、横浜<ポスター>
  38. 島村 宗尚 「Role of OPG/RANKL/RANK system in ischemic brain in mice」第5回Molecular Cardiovascular Conference U、2014.9.5、神戸<シンポジウム>
  39. 島村 宗尚 「RANKL/RANK axis is a Novel Inflammatory Signaling System in Ischemic Brain」第5回日本血管性認知障害研究会、2014.8.23、京都<ポスター>
  40. 島村 宗尚 「なぜ糖尿病と脂質異常症は認知症の発症に関連するのか?メカニズムと治療法を考える」第14回日本抗加齢医学会総会、2014.6.7、大阪<口演>
  41. 島村 宗尚 「骨代謝関連分子OPG/RANKL/RANKと脳梗塞の関連分析」第14回日本抗加齢医学会総会、2014.6.7、大阪<口演>
  42. 島村 宗尚 「新医学へと展開する疫学・統計学-抗加齢医学における実例と今後-」第14回日本抗加齢医学会総会、2014.6.6、大阪<座長>
  43. 島村 宗尚 「OPG/RANKL/RANK axis plays critical roles in post-ischemic inflammation in brain」第14回日本抗加齢医学会総会、2014.6.6、大阪<口演>
  44. 島村 宗尚 「脳梗塞慢性期における細胞外基質ペリオスチンの発現についての検討」第55回日本神経学会学術大会、2014.5.21、福岡<ポスター>
  45. Munehisa Shimamura 「OPG/RANKL/RANK is a novel inflammatory signaling system in ischemic brain」 The 18th International Vascular Biology Meeting、2014.4.15、京都<ポスター>
  46. 島村 宗尚 「Role of OPG/RANKL/RANK System in Ischemic Brain in Mice」American Heart Association 2014、2014.2.11、サンディエゴ<ポスター>
  47. 郡山 弘 「次世代バイオロジクスとしての治療ワクチン開発」第1回最先端医療イノベーションセンターシンポジウム −CoMITの目指す次世代産官学連携−、2014.11.7、 大阪<ポスター>
  48. 郡山 弘 「The Development of Angiotensin II Vaccine for Hypertension」第2回Premium Hypertension Conference、2014.8.9、 東京<口演およびポスター>
  49. 郡山 弘 「アンジオテンシンUを標的としたワクチンによる高血圧症の新規治療法の開発」第14回日本抗加齢医学会総会、2014.6.6、大阪<口演>
  50. 郡山 弘 「高血圧症に対するワクチンによる新規治療法の開発」第1回ResearchPlaNet、2014.5.9、 東京<口演およびポスター>
  51. Hiroshi Koriyama 「Development of Angiotensin II Vaccine for Hypertension」The 18th International Vascular Biology Meeting、2014.4.15、京都<ポスター>
  52. 栗波 仁美 「プロヒビチン遺伝子導入により虚血後の海馬機能障害が改善する」脳心血管抗加齢研究会2014、2014.12.7、大阪<口演>
  53. 栗波 仁美 「Prohibitin viral gene transfer protects hippocampal CA1 neurons from ischemia and ameliorates postischemic hippocampal dysfunction」第5回日本血管性認知障害研究会、2014.8.23、京都<ポスター>
  54. 栗波 仁美 「神経・脳2」第14回日本抗加齢医学会総会、2014.6.6、大阪<座長>
  55. 栗波 仁美 「Abetaの沈着は脳梗塞慢性性期の微小循環に影響を及ぼす」第14回日本抗加齢医学会総会、2014.6.6、大阪<ポスター>
  56. Hitomi Kurinami 「Key Role of Periostin in Ischemic Brain」The 18th International Vascular Biology Meeting、2014.4.14、京都<ポスター>
  57. 天満 昭子 「プラットフォームテクノロジーによるアンチエイジングペプチドの創生」第14回日本抗加齢医学会総会、2014.6.6、大阪<ポスター>
  58. Hideki Tomioka 「Novel Anti-microbial Peptide SR-0379 Accelerates Wound Healing Via the PI3 Kinase/Akt/mTOR Pathway」The 18th International Vascular Biology Meeting、2014.4.14、京都<ポスター>
  59. Zhengda Pang 「Development of a novel vaccine against dipeptidy1 peptidase-4 in mice」American Heart Association Scientific Sessions、2014.11.17、シカゴ<ポスター>
  60. Zhengda Pang 「Therapeutic Vaccine Against DPP4 Improves Glucose Metabolism in Mice」第18回日本心血管内分泌代謝学会学術総会、2014.11.21、横浜<口演>
  61. Zhengda Pang 「Evaluation of safety of a therapeutic vaccine against DPP4 in mice」第5回Molecular Cardiovascular Conference U、2014.9.5、神戸<ポスター>
  62. Zhengda Pang 「Therapeutic vaccine against DPP4 improves glucose metabolism in mice」The 18th International Vascular Biology Meeting、2014.4.14、京都<ポスター>
  63. Zhengda Pang 「Therapeutic Vaccing Against DPP4 Improves Glucose Metabolism in Mice」第78回日本循環器学会学術集会、2014.3.21、東京<口演>

原著論文・総説(英文)

  1. Nakagami H, Koriyama H, Morishita R. Peptide vaccines for hypertension and diabetes mellitus. Vaccines 2014;2:832-840.
  2. Nakagami H, Koriyama H, Morishita R. Therapeutic vaccines for hypertension and dyslipidemia. International Heart Journal 2014;55:96-100.
  3. Nakagami H, Pang Z, Shimosato T, Moritani T, Kurinami H, Koriyama H, Tenma A, Shimamura M, and Morishita R. The dipeptidyl peptidase-4 inhibitor teneligliptin improved endothelial dysfunction and insulin resistance in the SHR/NDmcr-cp rat model of metabolic syndrome. Hypertens. Res. 2014;37:629-635.
  4. Miyake T, Ihara S, Miyake T, Tsukada Y, Watanabe H, Matsuda H, Kiguchi H, Tsujimoto H, Nakagami H, Morishita R. Prevention of Neointimal Formation After Angioplasty Using Nuclear Factor-κB Decoy Oligodeoxynucleotide-Coated Balloon Catheter in Rabbit Model. Circ Cardiovasc Interv. 2014;7(6):787-796
  5. Shimamura M, Nakagami H, Osako M, Kurinami K, Koriyama H, Pang Z, Tomioka H, Tenma A, Wakayama K, and Morishita R. OPG/RANKL/RANK asix is a critical inflammatory signaling system in ischemic brain in mice. Proceedings of the National Academy of Sciences USA 2014;111:8191-8196.
  6. Shimamura M, Taniyama Y, Nakagami H, Katsuragi N, Wakayama K, Koriyama H, Kurinami H, Tenma A, Tomioka H, Morishita R. Long-term expression of periostin during the chronic stage of ischemic stroke in mice. Hypertens. Res. 2014;37:494-499.
  7. Shinohara M, Sato N, Shimamura M, Kurinami H, Hamasaki T, Chatterjee A, Rakugi H, Morishita R. Possible modification of Alzheimer's disease by statins in midlife: interactions with genetic and non-genetic risk factors. Front. Aging Neurosci. 2014;6:71.
  8. Shimamura M, Nakagami H, Taniyama Y, Morishita R. Gene therapy for peripheral arterial disease. Expert Opin. Biol. Ther. 2014;14:1175-1184.
  9. Kurinami H, Shimamura M, Ma T, Qian L, Koizumi K, Park L, Klann E, Manfredi G, Iadecola C, Zhou P. Prohibitin Viral Gene Transfer Protects Hippocampal CA1 Neurons From Ischemia and Ameliorates Postischemic Hippocampal Dysfunction. Stroke. 2014;45:1131-1138.
  10. Pang Z, Nakagami H, Osako M, Koriyama H, Nakagami F, Tomioka H, Shimamura M, Kurinami H, Takami Y, Morishita R, Rakugi H. Therapeutic vaccine against DPP4 improves glucose metabolism in mice. Proceedings of the National Academy of Sciences USA 2014;111:E1256-1263.
  11. Tomioka H, Nakagami H, Sano T, Takafuji K, Takashima S, Kaneda Y, and Morishita R, Development of LC-MS/MS quantification of the novel antimicrobial peptide, SR-0379, and its pharmacokinetics in rats. Immun,Endoc.&Metab. Agents in Med. 2014;14:26-31
  12. Tomioka H, Nakagami H, Tenma A, Saito Y, Kaga T, Kanamori T, Tamura N, Tomono K, Kaneda Y, Morishita R. Novel anti-microbial peptide SR-0379 accelerates wound healing via the PI3 kinase/akt/mTOR pathway. PLoS One 2014;9:e92597.

総説・著書(日本語)

  1. 中神 啓徳 「高血圧とワクチン治療」循環器内科 Vol.76,No.4,380-384,2014.10
  2. 中神 啓徳 「血圧のアンチエイジング-高血圧を防ぐためには」女性のアンチエイジング 新興医学出版社Vol.34, No.11, 1339-1342, 2014.11.1
  3. 中神 啓徳 「骨粗鬆症とRAS」Angiotensin Research 先端医学社 Vol.11, No.4, 40-45, 2014.10.1
  4. 中神 啓徳 「高血圧に伴う骨粗鬆症」THE BONE メディカルレビュー社 Vol.28, No.3, 45-49, 2014.9.30
  5. 中神 啓徳 「レニン・アンジオテンシン系による心血管老化治療」循環器内科 Vol.76, No.3, 264-269, 2014.9.28
  6. 中神 啓徳 「新規機能性ペプチドの発見から皮膚潰瘍治療薬開発に向けて」循環器専門医 Vol.22, No.2, 201-207, 2014.9.25
  7. 中神 啓徳 「高血圧ワクチン」最新臨床高血圧学 Vol.72, No.6, 392-396, 2014.8.20
  8. 中神 啓徳 「スタチン」Anti-aging Science メディカルレビュー社 Vol.6, No.2, 26-29, 2014.8.1
  9. 中神 啓徳 「動脈硬化とアンチエイジング」Medical Practice 文光堂 Vol.31, No.7, 1101-1105, 2014.7.20
  10. 中神 啓徳 「虚血性疾患の遺伝子治療」遺伝子治療・診断の最先端技術と新しい医薬品・診断薬の開発、(株)技術情報協会、320-325,2014.5.30
  11. 中神 啓徳 「生活習慣病を標的とした治療ワクチンへの挑戦」Osaka Heart Club 公益社団法人大阪ハートクラブ Vol.37,No.11,12-13, 2014.4.1
  12. 島村 宗尚 「脳梗塞治療標的分子細胞外基質ペリオスチン」日本臨牀 Vol.72,Suppl.5, 424-427, 2014.7.20

受賞歴

中神 啓徳
  • 第3回大阪大学総長顕彰・研究部門 2014.7.8
  • 第14回日本抗加齢医学会総会・最優秀演題賞 2014.6.7
島村 宗尚
  • 第3回大阪大学総長顕彰・総長奨励賞 2014.7.8
  • 第21回日本未病システム学会学術総会・優秀演題賞 2014.11.1
  • 脳心血管抗加齢研究会 2014 最優秀YIA 2014.12.6
郡山 弘
  • 第14回日本抗加齢医学会総会・YIA最優秀演題 2014.6.8
栗波 仁美
  • 脳心血管抗加齢研究会 2014 YIA 2014.12.6

2013年

学会発表・講演・座長

  1. 中神 啓徳 「血管のアンチエイジング」脳心血管抗加齢研究会2013、2013.12.14、大阪、<座長>
  2. Hironori Nakagami 「Challenge of novel therapeutic vaccines for Angiotensin Uor VEGF」Seoul Brain Barrier Symposium、2013.12.5、ソウル、<シンポジウム>
  3. 中神 啓徳 「血管石灰化・骨代謝の共通分子機構を標的とした新規治療法の開発」第17回日本心血管内分泌代謝学会、2013.11.22、大阪、<受賞講演>
  4. 中神 啓徳 「アンジオテンシンUを標的とした高血圧ワクチンの実験動物での検討」第36回日本高血圧学会総会、2013.10.25、大阪、<シンポジウム>
  5. 中神 啓徳 「新規抗菌性ペプチドの同定と難治性皮膚潰瘍治療薬への応用研究」第27回日本臨床内科医学会、2013.10.13、神戸、<口演>
  6. 中神 啓徳 「生活習慣病ワクチンの実験動物での検討」第34回日本肥満学会、2013.10.12、東京、<口演>
  7. 中神 啓徳 「私のキャリア、人との繋がり 岐阜〜奈良〜栃木〜三宅島〜愛媛〜ボストン〜大阪」第5回若手医師循環器臨床セミナー、2013.10.11、大阪、<口演>
  8. 中神 啓徳 「次世代治療としての高血圧ワクチンへの挑戦」Young Investigator Research Forum、2013.10.5、福岡、<講演>
  9. 中神 啓徳 「DNAワクチンを用いた高血圧新規治療」第21回日本血管生物医学会学術集会、2013.9.28、大阪、<シンポジウム>
  10. 中神 啓徳 「アンチエイジング効果のあるショートペプチドを用いた化粧品・育毛剤の開発」第30回バイオ技術シーズ公開会、2013.9.26、大阪、<口演>
  11. 中神 啓徳 「個体の恒常性」第4回Molecular Cardiovascular Conference U、2013.9.8、北海道、<座長>
  12. 中神 啓徳 「栄養管理とアンチエイジング」平成25年指導者のための健康・栄養セミナー、2013.8.31、大阪、<講演>
  13. Hironori Nakagami 「New Concept of Vascular Calcification through RANKL/RANK/OPG axis」The11th Japan-Korea Joint Symposium on Vascular Biology、2013.8.21、韓国<口演>
  14. 中神 啓徳 「Tbx18 and Wt1 control the epicardial epithelial-mesenchymal transition through bi-directional regulation of Slug」第19回日本遺伝子治療学会学術集会、2013.7.6、岡山<口演>
  15. 中神 啓徳 「Oral Session6」第19回日本遺伝子治療学会学術集会、2013.7.6、岡山<座長>
  16. 中神 啓徳 「血中アルファシヌクレインと老化・糖代謝との関連解析」第13回日本抗加齢医学会総会、2013.6.28、横浜<シンポジウム>
  17. 中神 啓徳 「医薬品をめざした新規機能性ペプチドの開発研究」第55回日本老年医学会学術集会・第28回日本老年学会総会、2013.6.6、大阪<口演>
  18. 中神 啓徳 「メタボリック症候群モデルラットにおけるロスバスタチンとイルベサルタンの臓器保護効果」第55回日本老年医学会学術集会・第28回日本老年学会総会、2013.6.6、大阪<口演>
  19. 中神 啓徳 「大還暦を目指した高血圧治療〜飽食時代における高血圧治療」第55回日本老年医学会学術集会・第28回日本老年学会総会、2013.6.5、大阪<講演>
  20. Hironori Nakagami 「New concept of vascular calcification through LANKL/RANK/OPG axis」Joint Symposium of 2ndAsia-Pacific Vascular Biology 2013.5.16台湾<シンポジウム>
  21. Hironori Nakagami 「Translational Research of therapeutic angiogenesis for macrovascular complication」Korea Diabetes Association Spring Meeting 2013.5.10 韓国<シンポジウム>
  22. 中神 啓徳 「私の糖尿病根治計画〜DNAワクチン治療〜」日本IDDMネットワークシンポジウム、2013.3.24 大阪<シンポジウム>
  23. 中神 啓徳 「高血圧・抗血管新生治療を目指したDNAワクチンの開発ーアカデミア創薬への挑戦ー」岐阜大学大学院セミナー 2013.2.21.岐阜
  24. 島村 宗尚 「脳梗塞におけるOPG/RANKL/RANK系の機能解明」脳心血管抗加齢研究会2013、2013.12.15、大阪、<口演>
  25. Shimamura M, Nakagami H, Kurinami H, Koriyama H, Wakayama K, Sato N, Morishita R. 「Differences in Remodeling Process after Vascular Injury between Intracranial and Extracranial Arteries: Analysis Using a Novel Model in Mice」Society for Neuroscience Neuroscience 2013、2013.11.10、サンティエゴ<ポスター>
  26. 島村 宗尚 「Differences in Remodeling Process after Vascular Injury between Intracranial and Extracranial Arteries: Analysis Using a Novel Model in Mice」第21回日本血管生物医学会学術集会、2013.9.27、大阪、<ポスター>
  27. 島村 宗尚 「Key Role of Periostin in Ischemic Brain」第4回Molecular Cardiovascular Conference U、2013.9.7、北海道、<ポスター>
  28. 島村 宗尚 「一般口演4(基礎2)」第4回日本血管性認知障害研究会、2013.8.10、東京<座長>
  29. 島村 宗尚 「Long-term expression of periostin during the chronic stage of ischemic brain injury in mice」第4回日本血管性認知障害研究会、2013.8.10、東京<口演>
  30. 島村 宗尚 「マウスを用いた脳血管傷害後のリモデリング過程の解析」第13回日本抗加齢医学会総会、2013.6.30、横浜<口演>
  31. 島村 宗尚 「マウスモデルを用いた頭蓋内血管傷害におけるリモデリング過程の解析」第55回日本老年医学会学術集会・第28回日本老年学会総会、2013.6.6、大阪<口演>
  32. 島村 宗尚 「頭蓋外血管と比較した頭蓋内動脈傷害におけるリモデリング過程の解析」第54回日本神経学会学術大会、2013.5.31、東京<ポスター>
  33. 島村 宗尚 「脳梗塞における細胞外基質ペリオスチンの発現と機能解析」第38回日本脳卒中学会総会、2013.3.21、東京<口演>
  34. 郡山 弘 「高血圧症に対するDNAワクチンによる新規治療法の開発」脳心血管抗加齢研究会2013、2013.12.15、大阪、<口演>
  35. Hiroshi Koriyama、Hironori Nakagami 「Long Term Blood Pressure Reduction by AngiotensinUDNA Vaccine in Spontaneously Hypertensive Rats Model」American Heart Association 2013、2013.11.18、ヒューストン、<口演>
  36. 郡山 弘 「アンジオテンシンUDNAワクチンによる高血圧症の新規治療法の開発」第21回日本血管生物医学会学術集会、2013.9.27、大阪、<口演>
  37. 郡山 弘 「高血圧症に対するDNAワクチンー高血圧自然発症ラット(SHR)モデルにおけるアンジオテンシンUDNAワクチン治療法の開発」 第55回日本老年医学会学術集会・第28回日本老年学会総会、2013.6.5、大阪<口演>
  38. 郡山 弘 「高血圧症に対するアンジオテンシンUDNAワクチン治療法の開発」第18回アンジオテンシンカンファレンス、2013. 2.2 東京<口演>
  39. 栗波 仁美 「Aβの沈着は脳梗塞慢性期の微小循環に影響を及ぼす」脳心血管抗加齢研究会2013、2013.12.14、大阪、<ポスター>
  40. 久徳 真梨子、中神 啓徳、森下 竜一 「心血管イベント危険因子であるLipoprotein(a) [Lp(a)] に対する新規治療戦略〜DNAワクチンの試み〜」 第42回日本心脈管作動物質学会、2013.2.9、奈良<口演>
  41. 天満 昭子 「アンチエイジングペプチド開発とプラットフォームテクノロジー」脳心血管抗加齢研究会2013、2013.12.14、大阪、<ポスター>
  42. Pang Zhengda 「Effectiveness and safety pf a therapeutic vaccine against DPP4 in mice」第17回日本心血管内分泌代謝学会、2013.11.23、大阪、<ポスター>
  43. Pang Zhengda 「Effectiveness and safety pf a therapeutic vaccine against DPP4 in mice」第4回Molecular Cardiovascular Conference U、2013.9.7、北海道、<ポスター>
  44. 冨岡 英樹 「血管新生作用を有する新規ペプチドの虚血性潰瘍治療への応用」脳心血管抗加齢研究会2013、2013.12.14、大阪、<ポスター>
  45. 冨岡 英樹 「血管新生作用を有する新規ペプチドの虚血性潰瘍治療への応用」第4回Molecular Cardiovascular Conference U、2013.9.7、北海道、<ポスター>
  46. 冨岡 英樹 「新規ペプチド「キュアペプチン」の安全性に関する検討」第13回日本抗加齢医学会総会、2013.6.28、横浜<ポスター>

原著論文・総説(英文)

  1. Nakagami H, Osako M, Morishita R. Potential Effect of Angiotensin II Receptor Blockade in Adipose Tissue Tissue and Bone. Current Pharmaceutical Design, 2013, Vol.19, No,00, 1-5
  2. Nakagami H. The Mechanism of White and Brown Adipocyte Differentiation: Diabetes Metab J 2013 April, Vol.37,No.2,37:85-90
  3. Nakagami H, Shimosato T, Shimamura M, Morishita R. Rosuvastain Ameliorates Obesity and Proteinuria in Zucker Diabetic Fatty Rats: Immun, Endoc. &Metab. Agents in Med. Chem., 2013 March, Vol.13,144-149
  4. Nakagami H, Osako M, Morishita R. Potential Effect of Angiotensin II Receptor Blockade in Adipose Tissue and Bone: Current Pharmaceutical Design, 2013,Vol.19,3049-3053
  5. Shimamura M, Zhou P, Casolla B, Qian L, Capone C, Kurinami H, Iadecola C, Anrather J. Prostaglandin E2 type 1 receptors contribute to neuronal apoptosis after transient forebrain ischemia: J Cereb Blood Flow Metab. 2013;33:1207-14.
  6. Shimamura M, Sato N, Nakagami H, Osako M, Kyutoku M, Wakayama K, Morisihita R. Chronic Deposition of Aβ influences microcirculation in the chronic stage of cerebral ischemia. Immunology, Endocrine & Metabolic Agents in Medicinal Chemistry 2013, in press (IF 0.00)
  7. Shimamura M, Nakagami H, Sata M, Takaoka M, Azuma J, Kiomy Osako M, Koriyama H, Kurinami H, Wakayama K, Miyake T, Morishita R. Unique remodeling processes after vascular injury in intracranial arteries: analysis using a novel mouse model. J. Cereb. Blood Flow Metab. 2013;33:1153-9.
  8. Shimamura M, Nakagami H, Koriyama H, Morishita R. Gene therapy and cell-based therapies for therapeutic angiogenesis in peripheral artery disease. Biomed Res. Int. 2013;2013:186215.
  9. Shimamura M, Sato N, Nakagami H, Kiomy Osako M, Kyutoku M, Wakayama K, Morishita R. Chronic Deposition of Aβ Influences Microcirculation in the Chronic Stage of Cerebral Ischemia. Immunol. Endocr. Metab. Agents Med. Chem. 2013;13:77-80.
  10. Kurinami H, Shimamura M, Sato N, Nakagami H, Morishita R. Do angiotensin receptor blockers protect against Alzheimer’s disease? Drugs Aging. 2013;30:367-72.
  11. Shimizu H, Nakagami H, Yasumasa N, Osako MK, Morishita R. Olmesartan Reduces Pentosidine Production and Maerilorate Fragility of Bone in Ovarectomized Fructose-Fed Rats. Immunology, Endocrine & Metabolic Agents in Medicinal Chemistry 2013;13:150-158.
  12. Osako MK, Nakagami H, Shimamura M, Koriyama H, Nakagami F, Shimizu H, Miyake T, Yoshizumi M, Rakugi H, Morishita R. Cross-Talk of Receptor Activator of Nuclear Factor-kB Ligand Signaling With Renin-Angiotensin System in Vascular Calcification: Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology. 2013 June, Vol.33, No.6, 1287-1296
  13. Nakagami F, Koriyama H, Nakagami H, Osako MK, Shimamura M, Kyutoku M, Miyake T, Katsuya T, Rakugi H, Morishita R. Decrease in Blood Pressure and Regression of Cardiovascular Complications by Angiotensin II Vaccine in Mice. PLoS One. 2013;8(3):e60493.
  14. Kyutoku M, Nakagami H, Koriyama H, Nakagami F, Shimamura M, Kurinami H, Tomioka H, Miyake T, Katsuya T, Morishita R. Inhibition of Neointima Formation through DNA Vaccination for Apolipoprotein(a): A New Therapeutic Strategy for Lipoprotein(a). Sci Rep. 2013 Apr 3;3:1600
  15. Kyutoku M, Nakagami H, Koriyama H, Tomioka H, Nakagami F, Shimamura M, Kurinami H, Zhengda P, Jo DH, Kim JH, Takakura N, Morishita R. Development of novel DNA vaccine for VEGF in murine cancer model. Sci Rep. 2013 Nov 29;3:3380
  16. Rodriguez-Araujo G, Nakagami H, Hayashi H, Mori M, Shiuchi T, Minokoshi Y, Nakaoka Y, Takami Y, Komuro I, Morishita R, Kaneda Y. Alpha-synuclein elicits glucose uptake and utilization in adipocytes through the Gab1/PI3K/Akt transduction pathway. Cell Mol Life Sci. 2013 Mar;70(6):1123-33.
  17. Takeichi M, Nimura K, Mori M, Nakagami H, Kaneda Y. The Transcription Factors Tbx18 and Wt1 Control the Epicardial Epithelial-Mesenchymal Transition through Bi-Directional Regulation of Slug in Murine Primary Epicardial Cells. PLoS One. 2013;8(2):e57829.

総説・著書(日本語)

  1. 中神 啓徳、森下 竜一: 「骨の老化におけるARBの新展開」Anti-aging Science脳心血管抗加齢研究会機関誌Vol.5,No.3,106-111,2013.12.14
  2. 中神 啓徳、森下 竜一: 「高血圧のワクチン療法」血圧(特集:炎症・免疫と高血圧)先端医学社Vol.20,No.11,41-44,2013.11.1
  3. 中神 啓徳: 「再生医療」内科学書改定第8版 中山書店 Vol.1,221-223,2013.10.31
  4. 中神 啓徳: 「加齢と循環器疾患」自律神経 日本自律神経学会Vol.50,No.3, 184-187,2013.9.15
  5. 中神 啓徳、森下 竜一: 「ワクチン療法」特集:今日から役立つ高血圧診療のノウハウ medicina Vol.50,No.8,1466-1468,2013.8
  6. 中神 啓徳、森下 竜一: 「骨分化と動脈硬化」循環器内科 科学評論社 Vol.74,No.2,181-185,2013.8.28
  7. 中神 啓徳: 「高血圧ワクチンの開発」高血圧診療のすべて 日本医師会雑誌 361-362,2013.6.15
  8. 中神 啓徳: 「抗酸化と寿命遺伝子」老年病・認知症〜長寿の秘訣〜 メディカルレビュー社61,2013.6.1
  9. 中神 啓徳: 「JSGT News Lette2013」Vol.XI, 7-8,2013.4.1
  10. 中神 啓徳、森下 竜一: 「アンジオテンシンU受容体拮抗薬」The Lipid Vol.24,No.2,38-42,2013.4
  11. 中神 啓徳、森下 竜一: 「心血管の老化とアンチエイジング 企画にあたって」 「アンチエイジングを目指した免疫遺伝子治療」Heart View Vol.17,No.4,6-7 85-90,2013.4
  12. 中神 啓徳、森下 竜一: 「慢性炎症」入門血管新生学 67-74,2013.4.2
  13. 中神 啓徳、森下 竜一: 「骨代謝と血管石灰化の共通分子機構」Medical Science Digest Vol.39,No.3,19-22,2013.3
  14. 島村 宗尚: 「脳のアンチエイジング」Anti-aging Science メディカルレビュー社 Vol.5 No.2 18-22,2013
  15. 島村 宗尚: 「脳血管性認知症」老年病・認知症〜長寿の秘訣〜 メディカルレビュー社264-270,2013.6.1

受賞歴

中神 啓徳
  • 第17回高峰譲吉研究奨励賞
  • 臨床薬理研究 平成25年度研究奨励金
  • ノバルティス老化および老年医学研究基金・研究助成
島村 宗尚
  • 「YIA」脳心血管抗加齢研究会2013
郡山 弘
  • 大阪難病研究財団 平成25年度(第19回)医学研究助成
  • 「最優秀YIA」脳心血管抗加齢研究会2013

2012年

学会発表・講演・座長

  1. 中神 啓徳 「Others」第20回日本血管生物医学会学術集会、2012.12.5、徳島<座長>
  2. 中神 啓徳 「Angiogenic Peptide, AG30, for the Development of Novel Therapeutic Agents」第20回日本血管生物医学会学術集会、2012.12.6、徳島<シンポジウム>
  3. 中神 啓徳、大窄マリアナ今日美、森下 竜一 「Pitavastatinはエストロゲン欠乏マウスの内皮機能と糖代謝を速やかに改善させる」脳心血管抗加齢研究会2012・アンチエイジングフェスタ2012、2012.11.18、大阪<口演>
  4. 中神 啓徳 「アンジオテンシンIIを標的としたDNAワクチンの基礎研究」脳心血管抗加齢研究会2012・アンチエイジングフェスタ2012、2012.11.17、大阪<シンポジウム>
  5. Hiroshi Koriyama, Hironori Nakagami, Ryuichi Morishita 「Efficacy of Angiotensin II DNA Vaccine Treatment against High Blood Pressure in Spontaneously Hypertensive Rat Model」The 29th Annual Meeting of the International Society、2012.10.27、福岡<ポスター>
  6. Hironori Nakagami 「Poster Presentation 3」The 29th Annual Meeting of the International Society、2012.10.26、福岡<ポスター座長>
  7. 中神 啓徳 「加齢と循環器疾患」第65回日本自律神経学会総会、2012.10.25、東京<シンポジウム>
  8. 中神 啓徳 「CFC 12年の歩み」第12回Cardiovascular Frontier Conference、2012.10.6、東京<座長>
  9. 中神 啓徳 「臨床セミナー」第1回若手医師循環器臨床セミナー、2012.9.25、梅田<座長>
  10. 中神 啓徳 「HIGI, a novel regulator of mitochondrial γ-secretase, maintains normal mitochondrial function」第3回日本血管性認知障害研究会、2012.9.9、東京<口演>
  11. 中神 啓徳 「一般口演5」第3回日本血管性認知障害研究会、2012.9.9、東京<口演座長>
  12. Hironori Nakagami, Gerardo Rodriguez-Araujo 「Alpha synuclein and the glucose metabolism」第3回Molecular Cardiovascular ConferenceII、2012.9.8、キロロ<ポスター>
  13. Hironori Nakagami 「Progression of Gene Therapy in Therapeutic Angiogenesis」2012 KALAS International Symposium 2012.8.23-25、ソウル<シンポジウム>
  14. Hironori Nakagami 「Pitavastatin Improves Endothelial Function and Glucose Metabolism in Ovariectomized Mice」第44回日本動脈硬化学会総会・学術集会、2012.7.20、博多<ポスター>
  15. Hironori Nakagami 「Inflammation/Immunology(1)」第44回日本動脈硬化学会総会・学術集会、2012.7.19、博多<ポスター座長>
  16. Hironori Nakagami 「Cardiovascular Diseases」第18回日本遺伝子治療学会学術集会、2012.6.30、熊本テルサ<口演座長>
  17. Hironori Nakagami, Mariko Kyutoku, Ryuichi Morishita, Yasufumi Kaneda 「DEVELOPMENT OF DYSLIPIDFMIA DNA VACCINE FOR LIPOPROTEIN(a)」第18回日本遺伝子治療学会学術集会、2012.6.29、熊本テルサ
  18. Hironori Nakagami 「Modification of a novel angiogenic peptide, AG30, for the development of novel therapeutic agents」The 17th International Vascular Biology Meeting 2012、2012.6.4、Wiesbaden, Germany
  19. 中神 啓徳、Osako Mariana、森下 竜一 「血管石灰化の分子機構」第12回日本抗加齢医学会総会、2012.6.22、横浜<シンポジウム>
  20. 中神 啓徳 「高血圧管理」第1回臨床高血圧フォーラム、2012.5.13、大阪(ポスター座長)
  21. 中神 啓徳、中神 太志、郡山 弘、楽木 宏実、勝谷 友宏、森下 竜一 「アンジオテンシンIIを標的とした高血圧ワクチンの基礎研究」第1回臨床高血圧フォーラム、2012.5.12、大阪<ポスター>
  22. Hironori Nakagami, Mariana Kiomy Osako 「Cross-talk of RANKL Signaling with Renin-Angiotensin II System in Vascular Calcification」 第76回日本循環器学会学術集会、2012.3.17、 Fukuoka, Japan<シンポジウム>
  23. Makiko Takeichi, Hironori Nakagami, Yasufumi Kaneda 「Epicardial-Mesenchymal Transition Is Controlled by Transcription Factor Tbx18 and Wt1 Through Slug Regulation」The 29th Annual Meeting of the International Society、2012.10.27、福岡<口演>
  24. 島村 宗尚、中神 啓徳、栗波 仁美、森下 竜一 「ペリオスチンの脳梗塞慢性期における発現と神経幹細胞遊走促進作用についての検討」脳心血管抗加齢研究会2012・アンチエイジングフェスタ2012、2012.11.18、大阪<口演>
  25. 島村 宗尚、中神 啓徳、栗波 仁美、森下 竜一 「頭蓋外血管と比較した脳動脈障害に特異的なリモデリング過程の解析」脳心血管抗加齢研究会2012・アンチエイジングフェスタ2012、2012.11.17、大阪<口演>
  26. 島村 宗尚 「マウスを用いた脳梗塞におけるペリオスチンの機能解析」第35回日本高血圧学会総会、2012.9.22、名古屋<ポスター>
  27. 島村 宗尚 「脳血管擦過傷害における血管リモデリングの解析」第3回日本血管性認知障害研究会、2012.9.9、東京<口演>
  28. 島村 宗尚 「脳虚血における細胞外マトリックスペリオスチンの機能解明」第3回日本血管性認知障害研究会、2012.9.8、東京<口演>
  29. 島村 宗尚 「一般口演3」第3回日本血管性認知障害研究会、2012.9.8、東京<口演座長>
  30. 島村 宗尚、谷山 義明、中神 啓徳、里 直行、森下 竜一 「脳虚血における細胞外マトリックスペリオスチンの機能解明」O-91. 第54回日本老年医学会学術集会、 2012.6.28、東京<口演>
  31. 島村 宗尚、谷山 義明、中神 啓徳、里 直行、若山 幸示、森下 竜一 「脳における細胞外マトリックスペリオスチンの機能解明」 O(1)-7-4. 日本神経学会総会、2012.5、東京<口演>
  32. 島村 宗尚、中神 啓徳、三宅 隆、志水 秀男、大迫 マリアナ、中神 太志、久徳 真梨子、郡山 弘、森下 竜一 「A Novel Mouse Model of Intracranial Artery Injury that Induces Delayed Neointimal Hyperplasia and Long-lasting Perivascular Inflammation.」第76回日本循環器学会総会、2012.3、福岡<口演>
  33. 郡山 弘 「Blood Pressure Reduction by Angiotensin II DNA Vaccine in Spontaneously Hypertensive Rats Model」Keystone Symposia Conference Immunological Mechanisms of Vaccination(S3)、2012.12.15、オタワ<ポスター>
  34. 郡山 弘、中神 啓徳、久徳 真梨子、大窄マリアナ今日美、島村 宗尚、三宅 隆、勝谷 友宏、楽木 宏実、森下 竜一 「アンジオテンシンIIDNAワクチンによる新規高血圧症治療法の開発」脳心血管抗加齢研究会2012・アンチエイジングフェスタ2012、2012.11.17、大阪<口演>
  35. 郡山 弘、中神 啓徳、森下 竜一 「Efficacy of Angiotensin II DNA Vaccine Treatment against High Blood Pressure in Spontaneously Hypertensive Rat Model」第29回国際心臓研究学会(ISHR)日本部会総会、2012.10.26、福岡<ポスター>
  36. Hiroshi Koriyama 「Development of Angiotensin II DNA Vaccine for Hypertension」 24th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension (ISH 2012)、2012.10.3、シドニー
  37. Hiroshi Koriyama 「Long Term Blood Pressure Reduction by Angiotensin II DNA Vaccine in Spontaneously Hypertensive Rats」第35回日本高血圧学会総会、2012.9.20、名古屋<最優秀YIA>
  38. 郡山 弘 「アンジオテンシンII DNAワクチンによる新規高血圧症治療法の開発」第3回日本血管性認知障害研究会、2012.9.9、東京<口演>
  39. 郡山 弘 「高血圧症に対するDNAワクチン − 高血圧自然発症ラット(SHR)モデルにおけるアンジオテンシンII DNAワクチン治療法の開発」The 10th Metabolic Syndrome Conference、2012.7.14、京都<口演>
  40. Hiroshi Koriyama, Futoshi Nakagami, Mariana Kiomy Osako, Hironori Nakagami 「Development of Novel DNA vaccine for angiotensin II」Gordon Research Seminar and Conference on Angiotensin II、2012.2.26、Ventura, USA <ポスター>
  41. 大窄マリアナ今日美 「RANKL signaling with Renin-Angiotensin System in Vascular Calcification」第20回日本血管生物医学会学術集会、2012.12.5、徳島<口演>
  42. 大窄マリアナ今日美、中神 啓徳、楽木 宏実、森下 竜一 「レニン・アンジオテンシン系のRANKLシステムを介した血管石灰化の制御」脳心血管抗加齢研究会2012・アンチエイジングフェスタ2012、2012.11.18、大阪<口演>
  43. Mariana Kiomy Osako 「Potential Contribution of RANKL System in Adipose Tissue Inflammation and Insulin Resistance」American Heart Association, Scientific Sessions 2012、2012.11.5、ロサンゼルス<口演>
  44. Mariana Kiomy Osako 「レニン・アンジオテンシン系は血管でのRANKL系を制御して血管石灰化に関与する」第35回日本高血圧学会総会、2012.9.20、名古屋<口演>
  45. Mariana Kiomy Osako 「Cross-talk of RANKL and Renin-Angiotensin II system in Vascular Calcification」The 17th International Vascular Biology Meeting 2012、2012.6.4、Wiesbaden, Germany
  46. Mariana Kiomy Osako 「Cross-talk of RANKL Signaling with Renin-Angiotensin II System in Vascular Calcification and Remodeling」 第49回日本臨床分子医学会学術集会、2012.4.14、Kyoto, Japan
  47. Mariana Kiomy Osako 「Potential Contribution of RANKL System in Adipose Tissue Inflammation and Insulin Resistance」 第49回日本臨床分子医学会学術集会、2012.4.14、Kyoto, Japan
  48. 栗波 仁美、島村 宗尚、森下 竜一 「アミロイドベータ誘発型認知症モデルマウスに超音波を用いたHGF遺伝子導入を行うと認知機能障害が軽減する」脳心血管抗加齢研究会2012・アンチエイジングフェスタ2012、2012.11.18、大阪<口演>
  49. 栗波 仁美 「アミロイドベータ誘導性認知症モデルマウスに超音波を用いたHGF遺伝子導入を行うと認知機能障害が軽減する」第3回日本血管性認知障害研究会、2012.9.8、東京<口演>
  50. 栗波 仁美 「一般口演2」第3回日本血管性認知障害研究会、2012.9.8、東京<口演座長>
  51. 久徳 真梨子、中神 啓徳、郡山 弘、大窄マリアナ今日美、島村 宗尚、栗波 仁美、龐 正達、冨岡 英樹、森下 竜一 「動脈硬化危険因子Lp(a)に対するapo(a)DNAワクチン治療効果の検討」脳心血管抗加齢研究会2012・アンチエイジングフェスタ2012、2012.11.18、大阪<口演>
  52. 久徳 真梨子 「腫瘍血管新生に対するVEGFを標的としたDNAワクチンへの試み」第71回日本癌学会学術総会、2012.9.20、札幌<口演>
  53. Mariko Kyutoku 「The Chellenge for apolipoprotein(a)DNA vaccine as a New Therapeutic Strategy for Patients with Elevated Serum Lipoprotein(a) Level」第3回Molecular Cardiovascular ConferenceII、2012.9.8、キロロ<ポスター>
  54. 久徳 真梨子 「The Challenge for apolipoprotein(a) DNA vaccine as a New Therapeutic Strategy for Patients with Elevated Serum Lipoprotein(a) Level」第44回日本動脈硬化学会・学術総会、2012.7.19-20、博多<ポスター>
  55. 中川 公太、大阿久 佳宏、玉田 順也、大窄マリアナ今日美、中神 啓徳 「磁性粒子を用いたdrug delivery systemの基礎検討」脳心血管抗加齢研究会2012・アンチエイジングフェスタ2012、2012.11.18、大阪<口演>

原著論文・総説(英文)

  1. Koriyama H, Nakagami H, Katsuya T, Morishita R. Functions of OSBP/ORP Family Proteins and Their Relation to Dyslipidemia. "Dyslipidemia - From Prevention to Treatment", Edited by Roya Kelishadi, ISBN 978-953-307-904-2, 2012 ;Chapter7, p127-140, InTech
  2. Nakagami H, Osako M, Yasumasa N, Shimamura M, Kyutoku M, Nakagami F, Koriyama H,Tomioka H, Katsuya T, Morishita R, Pitavastatin Improves Endothelial Function and Glucose Metabolism In Ovariectomied Mice. Immum., Endoc. & Metab. Agents in Med. Chem., 2012, 12:29-33
  3. Nakagami H, Shimamura M, Miyake T, Shimosato T, Minobe N, Moritani T, Osako MK, Nakagami F, Koriyama H, Kyutoku M, Shimizu H, Katsuya T, Morishita R. Nifedipine Prevents Hepatic Fibrosis in a Nonalcoholic Steatohepatitis (NASH) Model Induced by an L-methionine- and Choline-deficient (MCD) Diet. Mol Med Rep. 2012 Jan;5(1):37-40
  4. Shimizu H, Nakagami H, Yasumasa N, Osako MK, Kyutoku M, Koriyama H, Nakagami F, Shimamura M, Rakugi H, Morishita R. Cilnidipine, but not amlodipine, ameliorates osteoporosis in ovariectomized hypertensive rats through inhibition of the N-type calcium channel. Hypertens Res. 2012 Jan;35(1):77-81
  5. Nakagami H, Nishikawa T, Tamura N, Maeda A, Hibino H, Mochizuki M, Shimosato T, Moriya T, Morishita R, Tamai K, Tomono K, Kaneda Y. Modification of a Novel Angiogenic Peptide, AG30, for the Development of Novel Therapeutic Agents. J Cell Mel Med 2012 Jul;16(7):1629-1639
  6. Hayashi H, Nakagami H, Takeichi M, Shimamura M, Koibuchi N, Oiki E, Sato N, Koriyama H, Mori M, Gerardo Araujo R, Maeda A, Morishita R, Tamai K, Kaneda Y. HIG1, a novel regulator of mitochondrial γ-secretase, maintains normal mitochondrial function. FASEB J. 2012 Jun;26(6):2306-17.
  7. Huang CY, Shih CM, Tsao NW, Lin YW, Huang PH, Wu SC, Lee AW, Kao YT, Chang NC, Nakagami H, Morishita R, Ou KL, Hou WC, Lin CY, Shyu KG, Lin FY. Dipeptidyl peptidase-4 inhibitor improves neovascularization by increasing circulating endothelial progenitor cells. Br J Pharmacol. 2012 Jul
  8. Mori M, Nakagami H, Rodriguez-Araujo G, Nimura K, Kaneda Y. Essential role for miR-196a in brown adipogenesis of white fat progenitor cells. PLoS Biol. 2012;10(4):e1001314.
  9. Huang CY, Lin FY, Shih CM, Au HK, Chang YJ, Nakagami H, Morishita R, Chang NC, Shyu KG, Chen JW. Moderate to High Concentrations of High-Density Lipoprotein From Healthy Subjects Paradoxically Impair Human EndothelialProgenitor Cells and Related Angiogenesis by Activating Rho-Associated Kinase Pathways. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2012. Oct;32(10):2405-17.
  10. Shimizu H, Nakagami H, Yasumasa N, Osako MK, Kyutoku M, Koriyama H, Nakagami F, Shimamura M, Rakugi H, Morishita R. Screening of Antihypertensive Drugs for Osteoclastic Acid Secretion and Bone Resorption by Acridine Orange. Immun Endoc and Metab Agents in Med Chem 2012 Sep; 12(3) 161-167(7).
  11. Ozaki K, Makino H, Aoki M, Miyake T, Yasumasa N, Osako MK, Nakagami H, Rakugi H, Morishita R. Therapeutic Effect of Ribbon-Type Nuclear Factor-κB Decoy Oligonucleotides in a Rat Model of Inflammatory Bowel Disease. Curr Gene Ther. Dec 1;12(6):484-92.
  12. Shimamura M, Nakagami H, Sata M, Takaoka M, Azuma J, Osako M, Koriyama H, Kurinami H, Wakayama K, Miyake T, Morishita R. Unique Remodeling Processes after Vascular Injury in Intracranial Arteries: Analysis Using a Novel Mouse Model. J Cereb Blood Flow Metab, in press (IF 5.008)
  13. Osako M, Nakagami H, Shimamura M, Koriyama H, Nakagami F, Shimizu H, Miyake T, Yoshimizu M, Ragugi H, Morishita R. Cross-talk of RANKL signaling with Renin-Angiotensin System in Vascular Calcification. Arterioscler Thromb Vasc Biol, in press (IF 6.368)
  14. Nakagami F, Koriyama H, Nakagami H, Osako M, Shimamura M, Kyutoku M, Miyake T, Katsuya T, Rakugi H, Morishita R. Decrease in Blood Pressure and Regression of Cardiovascular Complications by Angiotensin II Vaccine in Mice. PLoS One, in press (IF 4.092)
  15. Shimamura M, Sato N, Nakagami H, Taniyama Y, Morishita R. Development of nucleic acid drugs for neurological disorders. Curr Top Med Chem. 2012;12(15):1621-9
  16. Shimizu H, Nakagami H, Yasumasa N, Mariana OK, Kyutoku M, Koriyama H, Nakagami F, Shimamura M, Rakugi H, Morishita R. Cilnidipine, but not amlodipine, ameliorates osteoporosis in ovariectomized hypertensive rats through inhibition of the n-type calcium channel. Hypertens Res 35:77-81, 2012 (IF 2.576)
  17. Nakagami H, Shimamura M, Miyake T, Shimosato T, Minobe N, Moritani T, Kiomy Osako M, Nakagami F, Koriyama H, Kyutoku M, Shimizu H, Katsuya T, Morishita R. Nifedipine prevents hepatic fibrosis in a non-alcoholic steatohepatitis. Mol Med Report 5:37-40, 2012 (IF 0.418)
  18. Hayashi H, Nakagami H, Takeichi M, Shimamura M, Koibuchi N, Oiki E, Sato N, Koriyama H, Mori M, Gerardo Araujo R, Maeda A, Morishita R, Tamai K, Kaneda Y. HIG1, a novel regulator of mitochondrial γ-secretasehas, maintains normal mitochondrial function. FASEB J 26:2306-2317, 2012 (IF 5.712)
  19. Shimamura M, Taniyama Y, Katsuragi N, Koibuchi N, Kyutoku M, Sato N,Allahtavakoli M, Wakayama K, Nakagami H, Morishita R, Role of central nervous system periostin in cerebral ischemia. Stroke 2012, 43:1109-1114

総説・著書(日本語)

  1. 中神 啓徳、森下 竜一、志水 秀郎: 「生活習慣病と骨粗鬆症:高血圧」M.P 骨粗鬆症の実地診療 No.29,1901-1905,2012.11.1
  2. 中神 啓徳、森下 竜一: 「高血圧ワクチン」日本病院薬剤師会雑誌No.48,1175-1178,2012.10.1
  3. 中神 啓徳、森下 竜一、志水 秀郎: 「破骨細胞の活性化機構」日本臨牀 特集RAAS研究の進歩 Vol.70, No.9, 1524-1529, 2012.9
  4. 中神 啓徳、森下 竜一: 「超高齢社会と循環器疾患-アンチエイジング」CARDIAC PRACTICE Vol.23, No.3, 23-27, 2012.7
  5. 中神 啓徳、森下 竜一: 「高血圧のワクチン療法」医学のあゆみ 別刷 Vol.241, No.13, 1098-1102, 2012.6.30
  6. 中神 啓徳、冨岡 英樹、森下 竜一: 「アンチエイジング効果と抗菌作用を併せ持つ機能性ペプチドの開発」FRAGRANCE JOURNAL 6月号, 59-63, 2012.6
  7. 中神 啓徳: 「血圧」研究室紹介Vol.19, No.6, 58-59, 2012
  8. 中神 啓徳、森下 竜一: 「アンチエイジング医学 血管老化とサプリメント・フードファクター」日本抗加齢医学会 Vol.8, No.2, 31-35, 2012
  9. 中神 啓徳: 「アンチエイジングサイエンス 骨老化とバイオマーカー」脳心血管抗加齢研究会 Vol.4, No.1, 56-59, 2012
  10. 島村 宗尚、谷山 義明、中神 啓徳、森下 竜一: 「ペリオスチンの機能と脳梗塞治療への応用」Vascular Medicine Vol.8,No.2,68-73,2012.10
  11. 島村 宗尚、里 直行、森下 竜一: 「アルツハイマー病が3型糖尿病と言われる理由」週刊日本医事新報 No.4613, 52-53, 2012.9.22
  12. 島村 宗尚、里 直行、森下 竜一: 「生活習慣病と認知症(負の連鎖を断ち切るために)高血圧成因」MEDICINAL Vol.2, No.9, 19-26, 2012.9
  13. 島村 宗尚、中神 啓徳: 「(海外論文紹介)肝臓内iNKT細胞に対する神経支配は脳卒中後に免疫抑制性に機能する」分子脳血管病 Vol.11, No.3, 99-104, 2012

受賞歴

中神 啓徳
  • 第4回抗加齢研究奨励賞
  • 第4回1型糖尿病研究基金助成金
  • 2013年 ノバルティス老化および老年医学研究基金
島村 宗尚
  • 第27回基礎医学医療研究助成金
  • 「最優秀賞」 2012.11.18 脳心血管抗加齢研究会2012・アンチエイジングフェスタ2012
  • 平成24年度(第11回)循環医学分野一般研究助成金
Mariana Kiomy Osako
  • 「日本循環器学会第5回女性研究者奨励賞」 2012.3.17 Fukuoka, Japan
  • 「日本血管生物医学会IVBM2012トラベルアワード」 2012.6.4 Wiesbaden, Germany
  • 「最優秀賞」 2012.11.18 脳心血管抗加齢研究会2012・アンチエイジングフェスタ2012
郡山 弘
  • 「最優秀YIA賞」 2012.9.17 第35回日本高血圧学会総会

2011年

学会発表・講演・座長

  1. 中神 啓徳 「Alpha-synuclein is associated with impaired glucose regulation and insulin resistance」第19回血管生物医学会シンポジウム 2011.12.10 東京 
  2. 中神 啓徳、森下 竜一 「新規抗菌性ペプチドの難治性皮膚潰瘍治療に向けた臨床応用」優秀研究者賞 第1回アンチエイジングフェスタ 2011.12.1 大阪
  3. 中神 啓徳 <座長:教育講演3> 第1回アンチエイジングフェスタ 2011.12.2 大阪
  4. 中神 啓徳、森下 竜一 「ニフェジピンによる非アルコール性肝炎(NASH)改善作用」第1回アンチエイジングフェスタ 2011.12.1 大阪
  5. 中神 啓徳、志水 秀郎 「骨代謝に対するアンジオテンシン受容体拮抗薬の効果」第22回老年医学近畿地方会 2011.11.5. 西宮
  6. Hironori Nakagami 「Development of DNA vaccine system for angiotensin II in spontaneously hypertensive rats」The Satellite Meeting in Osaka for the 2nd Pacific Symposium on Vascular Biology. 2011.11.3.大阪
  7. 森下 竜一、中神 啓徳 「高血圧自然発症ラット(SHR)モデルにおけるアンジオテンシンIIワクチン治療法の開発」第34回日本高血圧学会 2011.10.21. 宇都宮
  8. 中神 啓徳 <座長:高得点演題2> 第34回日本高血圧学会 2011.10.22. 宇都宮
  9. 中神 啓徳 <ポスター座長:遺伝子治療> 第70回日本癌学会 2011.10.5 名古屋
  10. 中神 啓徳 <座長・ポスターセッション座長> 第2回Molecular Cardiovascular Conference II 2011.9.2 キロロ
  11. 中神 啓徳 「糖尿病モデルラットにおけるウルソデコキシコール酸の副次的な薬効評価」 第20回西日本胆汁酸研究会 2011.7.22.第20回西日本胆汁酸研究会
  12. 中神 啓徳 「Development of DNA vaccine for high blood pressure - Immunotherapy for angiotensin II -」第18回日本遺伝子治療学会学術集会 2011.7.17 福岡
  13. 中神 啓徳、森下 竜一 「Potential Contribution of the RANKL System in Adipose Tissue
    To Insulin Resistance and Inflammation」第11回日本抗加齢医学会 2011.5.29 京都
  14. 中神 啓徳 「骨に優しい降圧剤とは?」ランチョンセミナー 第11回日本抗加齢医学会 2011.5.29 京都
  15. 中神 啓徳 「生活習慣病の早期予防・治療介入を目指して」岐阜大学大学院セミナー 2011.3.17.岐阜
  16. 中神 啓徳 「生活習慣病に対する新規治療法の探索」第4内科同窓会 2011.2.11.大阪
  17. 島村 宗尚、谷山 義明、葛城 鳴門、鯉渕 信孝、中神 啓徳、里 直行、森下 竜一 「脳における細胞外マトリックスペリオスチンの機能解明」アンチエイジングフェスタ2011.2011年12月、大阪 (最優秀YIA賞)
  18. Munehisa Shimamura, Yoshiaki Taniyama, Hironori Nakagami, Naruto Katsuragi, Nobutaka Koibuchi, Mariko Kyutoku, Kouji Wakayama, Naoyuki Sato, Takashi Miyake, Hideo Shimizu, Ryuichi Morishita 「Role of periostin in cerebral ischemia」日本循環器学会.2011年8月、横浜
  19. 島村 宗尚、里 直行、森下 竜一 「The effects of statin for cognitive impairment in middle cerebral artery occlusion model and Abeta infusion model.」第2回日本血管性認知障害研究会 VAS-COG Japan、2011年8月20日、東京
  20. Munehisa Shimamura, Yoshiaki Taniyama, Hironori Nakagami, Nobutaka Koibuchi, Hideo Shimizu, Hiroshi Kusunoki, Ryuichi Morishita. 「Role of periostin in cerebral ischemia」日本抗加齢学会総会、2011年5月、京都、優秀演題賞
  21. Miyake T, Munehisa Shimamura, Nakagami H, Morishita R. Prevention of Neointimal Hyperplasia After Angioplasty Using NF-kappaB Decoy Oligodeoxynucleotides-Coated Balloon Catheter in Rabbit Restenosis Model. American Stroke Association 2011. APS.603, Orland, USA
  22. Munehisa Shimamura, Taniyama Y, Nakagami H, Sato N, Koibuchi N, Allahtavakoli M, Wakayama K, Miyake T, Shimizu H, Morishita R. 「Key Role Of Periostin In Cerebral Ischemia」 American Stroke Association, Feb, 2011, Los Angels, USA, Wednesday, Feb 09, 2011, 4:24 (oral)
  23. 島村 宗尚 「スタチンによる脳のアンチエイジング」アンチエイジングフェスタ2011、2011年2月、大阪
  24. 島村 宗尚 「多角的視点からとらえた脳血管障害の病態解明 -脳血管Aβアミロイドと糖尿病の関連性、血管石灰化の機序解明を中心に-」神経カンファレンス、川崎医科大学、2011年1月、岡山
  25. Takashi Miyake 「Prevention of neointimal hyperplasia after angioplasty using NF-kappaB decoy oligodeoxynucleotides-coated balloon catheter in rabbit restenosis model」American Heart Association (AHA) 2011 12/13-15 Orlando Florida
  26. 三宅 隆 「NFκBデコイコーティング血管拡張用カテーテルによる血管形成術後の再狭窄予防」第34回日本高血圧学会総会 2011/10/20-22 宇都宮
  27. 三宅 隆 「NFkBデコイ封入ナノ粒子をコーティングしたバルーンカテーテルによる血管形成術後の再狭窄予防」アンチエイジングフェスタ2011 2011/12/2-3 大阪
  28. 三宅 隆 「動脈瘤の発症・進展における慢性腎障害の関与」アンチエイジングフェスタ2011 2011/12/2-3 大阪
  29. Hideo Shimizu, Yasumasa N, Nakagami H, Morishita R 「Benidipine, a L/T type CCB, promotes bone formation and inhibits bone resorption beyond blood pressure lowering effects. The 19th Annual Meeting of the Japanese Vascular Biology and Medicine Organization」The 1st Asia-Pacific Vascular Biology Meeting P-035 abstract p111 2011/12/09 Tokyo Japan
  30. Hideo Shimizu, Nakagami H, Morita S and Morishita R 「Application of NFkB decoy ODNs to bone destruction disease」 47ème congrès de la Société Française de Stomatologie et Chirurgie Maxillo-Faciale. Abst p197 P1-4 2011/09/15 Versailles France (The 45th Congress of French Society of Stomatology and Maxillofacial Surgery)
  31. 志水 秀郎、安政 奈都記、中神 啓徳、森下 竜一 「カルシウム拮抗薬ベニジピンは骨形成促進と骨吸収抑制により骨代謝を改善させる」アンチエイジングフェスタ2011(脳心血管抗加齢研究会) 2011年12月2日 P-A-1 抄録集p82
  32. 志水 秀郎、安政 奈都記、中神 啓徳、森下 竜一 「ARBによるII型糖尿病モデルの骨代謝改善メカニズム」アンチエイジングフェスタ2100(脳心血管抗加齢研究会) 2011年12月2日 P-A-2 抄録集p82 学会奨励賞
  33. 志水 秀郎、中神 啓徳、大石 充、楽木 宏実、森下 竜一 「骨代謝に対するアンジオテンシン受容体拮抗薬の効果」第22回日本老年病学会近畿地方会 2011年11月5日 O 1-3 抄録集p10
  34. 志水 秀郎、中神 啓徳、森下 竜一 「低用量の利尿剤とARB併用によるRAS活性の抑制と骨代謝改善効果」 第11回日本抗加齢医学会総会 2011年5月28日 P113
  35. Futoshi Nakagami 「高血圧に対するワクチン療法」 第2回Molecular Cardiovascular Conference II (北海道) 2011.9.2-4
  36. Futoshi Nakagami 「アンギオテンシンIIを標的としたワクチン療法の有効性と安全性」 第47回高血圧関連疾患モデル学会(北海道) 2011.9.6-7
  37. Futoshi Nakagami 「アンギオテンシンIIを標的としたワクチン療法の有効性と安全性」 第15回日本心血管内分泌代謝学会(大阪) 2011.11.25-26
  38. Futoshi Nakagami 「The evaluation of Efficiency and Safety of the vaccine for Angiotensin II」第19回日本血管生物医学会(東京)2011.12.8-10
  39. Futoshi Nakagami 「The evaluation of Efficiency and Safety of the vaccine for Angiotensin II」アンチエイジングフェスタ2011(大阪)2011.12.2-3
  40. Mariana Osako Kiomy 「Cross-talk of RANKL Signaling with Renin-Angiotensin II System in Vascular Calcification and Remodeling」 The 9th Metabolic Syndrome Conference (Kyoto, Japan) 2011.07.16
  41. Mariana Kiomy Osako 「Cross-talk of RANKL Signaling with Renin-Angiotensin II System in Vascular Calcification and Remodeling」The 2nd Molecular Cardiovascular Conference II (Hokkaido, Japan) 2011.09.03
  42. Mariana Kiomy Osako 「Cross-talk of RANKL Signaling with Renin-Angiotensin II System in Vascular Calcification and Remodeling」The Molecular Jungle (Osaka, Japan) 2011.10.28
  43. Mariana Kiomy Osako 「Cross-talk of RANKL Signaling with Renin-Angiotensin II System in Vascular Calcification and Remodeling」The 2nd Pacific Symposium on Vascular Biology (Jeju Island, South Korea) 2011.10.31
  44. Mariana Kiomy Osako 「Cross-talk of RANKL Signaling with Renin-Angiotensin II System in Vascular Calcification and Remodeling」The 13th China -Japan Symposium in Hypertension (Beijing, China) 2011.11.04
  45. Mariana Kiomy Osako 「Cross-talk of RANKL Signaling with Renin-Angiotensin II System in Vascular Calcification and Remodeling」The Scientific Meeting of the American Heart Association (Orlando, United States). 2011.11.14
  46. Mariana Kiomy Osako 「Cross-talk of RANKL Signaling with Renin-Angiotensin II System in Vascular Calcification and Remodeling」The 15th Japanese Symposium on Cardiovascular Endocrinology and Metabolism (Osaka, Japan). 2011.11.25
  47. Mariana Kiomy Osako 「Cross-talk of RANKL Signaling with Renin-Angiotensin II System in Vascular Calcification and Remodeling」The Anti-ageing Festa (Osaka, Japan). 2011.12.02
  48. Mariana Kiomy Osako 「Cross-talk of RANKL Signaling with Renin-Angiotensin II System in Vascular Calcification and Remodeling」The 19th Annual Meeting of the Japanese Vascular Biology and Medicine Organization (Tokyo, Japan). 2011.12.09
  49. Mariko Kyutoku 「The Challenge for DNA Vaccine as New Therapeutic Strategy for Patients with Elevated Serum Lipoprotein(a) Level」アンチエイジングフェスタ2011(大阪)2011.12.2-3
  50. Mariko Kyutoku 「The Development of a New Therapeutic Strategy for Patients with Elevated Serum Lipoprotein(a) Level - a Challenge for DNA Vaccine -」第34回日本分子生物学会年会(横浜)2011.12.13-16
  51. 郡山弘 「The development of a new therapeutic strategy for hypertension - a challenge for angiotensin II DNA vaccine -」 第34回日本生化学会年会 2011.12.13. 横浜<ポスター>
  52. 郡山弘 「アンジオテンシンII DNAワクチンによる新規高血圧症治療法の開発」 アンチエイジングフェスタ2011 2011.12.2. 大阪<ポスター>
  53. 郡山弘 「高血圧症に対するDNAワクチン − 高血圧自然発症ラット(SHR)モデルにおけるアンジオテンシンIIワクチン治療法の開発」 第34回日本高血圧学会総会 2011.10.22. 宇都宮<口演>
  54. Hiroshi Koriyama 「Impact of Angiotensin II DNA Vaccine Treatment on Blood Pressure Reduction and its Maintenance in Spontaneously Hypertensive Rats.」High Blood Pressure Research 2011 Scientific Session 2011.9.20. Orlando,USA <ポスター>
  55. Hiroshi Koriyama 「DNA vaccine for high blood pressure - anti-angiotensin II therapy in spontaneously hypertensive rats.」American Society of Gene & Cell Therapy 14th Annual Meeting 2011.5.18. Seattle, USA<ポスター>

原著論文・総説(英文)

  1. Saito Y, Nakagami H, Azuma N, Hirata S, Sanada F, Taniyama Y, Morishita R, Kaneda Y, Sasajima T. Critical Roles of Cold Shock Domain Protein A as an Endogenous Angiogenesis Inhibitor in Skeletal Muscle. Antioxid Redox Signal. 2011, 15(8):2109-20.
  2. Nakagami H, Osako KM, Morishita R. New Concept of Vascular Calcification and Metabolism. Curr Vasc Pharmacol. 2011 Jan;9(1):124-7.
  3. Nakagami H, Morishita R. Obesity and Gastrointestinal Hormones-Dual Effect of Angiotensin II Receptor Blockade and a Partial Agonist of PPAR-γ. Curr Vasc Pharmacol. 2011 Mar 1;9(2):162-6
  4. Nakagami H, Nishikawa T, Tamura N, Maeda A, Hibino H, Mochizuki M, Shimosato T, Moriya T, Morishita R, Tamai K, Tomono K, Kaneda Y. Modification of a Novel Angiogenic Peptide, AG30, for the Development of Novel Therapeutic Agents. J Cell Mel Med 2011 (in press).
  5. Nakagami H, Shimamura M, Miyake T, Shimosato T, Minobe N, Moritani T, Osako MK, Nakagami F, Koriyama H, Kyutoku M, Shimizu H, Katsuya T, Morishita R. Nifedipine Prevents Hepatic Fibrosis in a Nonalcoholic Steatohepatitis (NASH) Model Induced by an L-methionine- and Choline-deficient (MCD) Diet. Mol Med Rep 2011 (in press)
  6. Shimamura M, Taniyama Y, Katsuragi N, Koibuchi N, Kyutoku M, Sato N, Allahtavakoli M, Wakayama K, Nakagami H, Morishita R. Role of Central Periostin System in Cerebral. Stroke 2012 (in press)
  7. Shimamura M, Nakagami H, Shimosato T, Moritani T, Nakagami F, Osako M, Miyake T, Koriyama H, Shimizu H, and Morishita R. Improvement of Endothelial Dysfunction, Abnormal Lipid Profile, Proteinuria,and Liver Dysfunction by Irbesartan in Zucker Diabetic Fatty Rats Independent of Glucose and Insulin Levels. Experimental and Therapeutic Medicine. 2011;2:957-961.
  8. Shimamura M, Sato N, Morishita R. Experimental and clinical application of plasmid DNA in the field of central nervous diseases. Curr Gene. 2011:11(6), pp. (in press)
  9. Shimamura M, Morishita R. Naked plasmid DNA for gene therapy. Curr Gene Ther. in publication. 2011;11(6), pp. (in press)
  10. Shimamura M, Sato N, Taniyama Y, Kunugiza Y, Nakagami H, Morishita R. Ultrasound microbubbles and needleless jet injector for gene transfer of naked plasmid DNA. Advances in Genetics Research. 2011;3: 279. Nova Science Publishers
  11. Miyake T, Aoki M, Osako MK, Shimamura M, Nakagami H, Morishita R. Systemic Administration of Ribbon-type Decoy Oligodeoxynucleotide Against Nuclear Factor κB and Ets Prevents Abdominal Aortic Aneurysm in Rat Model. Mol Ther. 2011;19:181-187.
  12. Miyake T, Morishita R. Gene therapy for angiogenesis and restenosis. "Coronary stent restenosis" Edited by Tintoiu IC et.al. The publishing House of the Romanian academy. Romania, 2011.755-767.
  13. Shimizu H, Nakagami H, Yasumasa N, Mariana OK, Kyutoku M, Koriyama H, Nakagami F, Shimamura M, Rakugi H, Morishita R. Cilnidipine, but not amlodipine, ameliorates osteoporosis in ovariectomized hypertensive rats through inhibition of the N-type calcium channel. Hypertens Res. 2012 Jan;35(1):77-81
  14. Shimizu H, Nakagami H, Takeya Y, Rakugi H, Morishita R : Unexpected Link Between Hypertension and Osteoporosis. Chapter 5. Hypertension and Bone Loss. Nova Biomedical. 2011 65-88 Editor Afrooz Afghani ISBN 978-1-61728-784-8

総説・著書(日本語)

  1. 中神 啓徳、森下 竜一:コレステロール吸収阻害薬の役割 「新心臓病診療プラクティス 動脈硬化の内科治療に迫る」297-298, 2011
  2. 森下 竜一、中神 啓徳:日本の遺伝子治療の現状および展望 「中国・日本科学最前線―研究の現場からー」185-188, 2011
  3. 中神 啓徳:第5章 転写因子 ETSファミリー転写因子 「血管生物医学事典」 [血管生物医学会 編] (朝倉書店 東京)351-352, 2011
  4. 中神 啓徳:第5章 転写因子 NF-κB 「血管生物医学事典」 [血管生物医学会 編] (朝倉書店 東京)364−365, 2011
  5. 中神 啓徳、森下 竜一:再生医療 特集:アンチエイジング 「綜合臨牀」Vol.60, NO.3, Mar. 3830386, 2011
  6. 中神 啓徳、森下 竜一:血管の石灰化 特集:ミクロとマクロから血管障害をとらえなおす, 「Angiotensin Research」Vol8, NO.1:17-21,2011
  7. 中神 啓徳、森下 竜一:RA系阻害と老化 特集:レニン・アンジオテンシン系阻害薬の新しい話題 Angiology Frontier Vol.3, NO.1, 57-62, 2011
  8. 中神 啓徳、森下 竜一:加齢とアンチエイジング 連載第4回 血管のアンチエイジング 総合リハビリテーション Vol.39, NO.4, April 353-356, 2011
  9. 中神 啓徳、Mariana Kiomy Osako、志水 秀郎、楽木 宏実、森下 竜一:骨粗鬆症と血管病の共通分子基盤の解析 日本老年医学会雑誌 Vol.48, NO.2, March 146-148, 2011
  10. 中神 啓徳、森下 竜一:高血圧、慢性腎臓病と骨代謝 特集 生活習慣病と骨 CLINICAL CALCIUM Vol.21, NO.5, May 45-49, 2011
  11. 中神 啓徳、森下 竜一:動脈硬化のアンチエイジング治療 特集 動脈硬化のアンチエイジング治療 Cardiovascular Frontier Vol.2, No.4, 47-51, 2011.
  12. 中神 啓徳:マイクロRNAによるホメオボックスの発現制御 −マイクロRNAによる発現調節と病態への関与― 特集:マイクロRNAと循環器疾患 血管医学 Vol.12, No.3, 47-52, 2011.
  13. 中神 啓徳、森下 竜一:高血圧と骨粗鬆症 特集 生活習慣病関連骨粗鬆症の病態と管理・治療戦略 MEDICINAL 医学出版 Vol.1, No.2, 24-29, 2011.
  14. 中神 啓徳、森下 竜一:血管:メタボリックシンドロームと血管障害 メタボリックシンドロームII(後篇) 最新医学 66巻 6月増刊号 75−83、2011
  15. 樂木 宏実、杉本 健、森 豊、中神 啓徳(座談会):RAS基礎研究からのTranslational Research ―高脂質負荷モデルからの期待― 血圧 Vol.18, No.12, 87-93, 2011.
  16. 中神 啓徳:血管新生遺伝子治療の臨床応用の現況 第51回総会シンポジウム4 脈管疾患における再生医療と遺伝子治療の現状と将来 脈管学 日本脈管学会 第51巻 第4号 457-460, 2011
  17. 中神 啓徳、志水 秀郎、森下 竜一:特集 アンチエイジングから降圧配合剤を考える 骨(骨粗鬆症)より Anti-aging Science メディカルレビュー Vol.3, No.3, 26-30, 2011.
  18. 中神 啓徳、森下 竜一:アンチエイジングと循環器疾患 医学と医療の最前線 日本内科学会雑誌 第100巻 第6号 1677−1682、2011
  19. 島村 宗尚、中神 啓徳、里直行、森下 竜一: 脳血管のアンチエイジング. Cardiovascular Frontier, 2011メディカルレビュー社、vol. 36 (3), p 396-402
  20. 島村 宗尚: CD36は脳虚血におけるToll様受容体2シグナル経路において重要な役割を果たす.分子脳血管病 2011.先端医学社 vol.10 (3). p.100-102.
  21. 三宅 隆、森下 竜一:デコイ核酸医薬を用いる血管疾患治療薬の開発 特集・創薬シーズとして期待される核酸医薬品 「医薬ジャーナル」2012;48:119-123.
  22. 三宅 隆、森下 竜一:最新の核酸医薬品研究事例、エビデンスの解説 「バイオ・ゲノム関連医薬品のニーズ・技術動向・開発ノウハウ」技術情報協会
  23. 三宅 隆、森下 竜一:大動脈瘤の内科的療法 「Annual Review 循環器2001」324-330,中外医学社
  24. 三宅 隆、森下 竜一:核酸医薬 「血管生物医学辞典」朝倉書店
  25. 志水 秀郎、中神 啓徳、森下 竜一:骨年齢に対するアンチエイジング;スタチンと骨代謝 Anti-aging Science 2011 3(2) 24-29
  26. 志水 秀郎、中神 啓徳、森下 竜一:ARB / 利尿薬配合剤 特集:患者背景を考慮した配合剤の選択と使い分けのポイント Progress in Medicine 2011 31 (1) 55-59.
  27. 志水 秀郎、中神 啓徳、森下 竜一:骨粗鬆症と心血管疾患との相互関係 特集
    骨粗鬆症アップデート2011 - 骨折を予防し寝たきりを回避するために Current Therapy 2011 29(2) 27-31

受賞歴

中神 啓徳
  • 鈴木謙三記念医科学応用研究財団 平成23年度調査研究助成
  • アンチエイジングフェスタ2011 優秀SIA賞
島村 宗尚
  • アンチエイジングフェスタ2011 最優秀YIA賞
  • 第11回日本抗加齢学会総会 優秀演題賞
  • 先進医薬研究振興財団 H23年度 循環医学分野 萌芽研究助成
Mariana Kiomy Osako
  • 平成22年度大阪大学医学系研究科博士課程優秀者
  • 第1回日本心臓財団入澤宏・彩記念研究奨励賞
  • 第9回メタボリックシンドロームカンファレンス若手研究奨励賞
  • 第2回Molecular Cardiovascular Conference IIポスター発表優秀賞
  • 13回日中高血圧シンポジウム青年学者賞
久徳 真梨子
  • 第9回日本心臓財団若年研究者研究奨励(藤基金)
中神 太志
  • 第25回日本心臓財団・バイエル薬品海外留学助成

2010年

学会発表・講演・座長

  1. 中神 啓徳 「メタボリック症候群の新たな治療戦略臓器」 第18回血管生物医学会イブニングセミナー3 2010.12.1 大阪 
  2. 中神 啓徳 「Potential role of PPARg in metabolic syndrome」第18回血管生物医学会スポンサードシンポジウム1 2010.12.2 大阪
  3. 中神 啓徳 「生活習慣病治療としてのコレステロール吸収抑制」 第2回臨床動脈硬化研究会 2010.11.26 大阪
  4. 中神 啓徳 「メタボリック症候群に対する新規治療標的分子の探索」平成の会 2010.11.25 東京
  5. 中神 啓徳 <ポスター座長:治療―再生医療・非薬物療法> 第33回日本高血圧学会総会 2010.5.16. 福岡
  6. 中神 啓徳 「Novel Therapeutic target for Metabolic syndrome」 Hakata vascular research conference 福岡 2010.10.15
  7. 中神 啓徳 「血管新生治療のトランスレーショナルリサーチ」脈管学会シンポジウム4 旭川 2010.10.15
  8. 中神 啓徳 「骨粗鬆症と血管病の共通疾患関連分子」第52回仙台心臓血管研究会 仙台 2010.9.22
  9. 中神 啓徳 <ポスターセッション座長> 第1回Molecular Cardiovascular Conference II 2010.9.4 キロロ
  10. 中神 啓徳 「生活習慣病の早期予防・治療介入を目指した探索的研究」Hypertension Conference 2010.7.3
  11. 中神 啓徳 「骨粗鬆症と血管病の共通分子基盤の解析」老年病学会若手企画シンポジウム 2010.6.22
  12. 中神 啓徳 <ポスターセッション座長:骨・関節4>第10回日本抗加齢医学会総会 2010.6.12. 京都
  13. 中神 啓徳 「血管の石灰化の新しい分子機構」第25回中河内循環器病研究会 2010.6.3
  14. 中神 啓徳 「血管新生のトランスレーショナルリサーチ」旭川医大脈管クラスター学術セミナー 2010.5.21
  15. Hironori Nakagami <chairman of poster session: Ischemia and reperfusion injury.> The XX World Congress of the ISHR 2010.5.16 Kyoto
  16. 中神 啓徳 「RANKL system in vasculature」福岡心臓血管研究会 2010.5.10 福岡
  17. 中神 啓徳 「メタボリック症候群に対する新しい標的分子の探索」第74回日本循環器学会ランチョンセミナー33 2010.3.6 京都
  18. 中神 啓徳、Mariana Kiomy Osako、森下 竜一 「Novel Therapeutic targets of Hormone Replacement Therapy in Vasculature; Aortic Calcification and Lipoprotein (a)」第74回日本循環器学会学術集会 シンポジウム21、京都、2010.3.5.
  19. 島村 宗尚 「Key role of periostin in cerebral ischemia.」International stroke meeting 2011, LA. USA
  20. 三宅 隆 「Intra-peritoneal Application of Ribbon-type Decoy Oligodeoxynucleotides against NFkB and ets Prevents Aneurysm Foemation in Rats」 23RD scientific meeting ISH 2010.9.26-30 カナダ
  21. 三宅 隆 「動脈瘤の進展における慢性腎障害の影響」第18回日本血管生物医学会 2010/12/1-3 大阪
  22. 三宅 隆 「核酸医薬の全身投与による転写因子NF-kappaBとEtsの抑制が腹部大動脈に及ぼす影響」第18回日本血管生物医学会 2010/12/1-3 大阪
  23. 三宅 隆 「Preventive effect of direct rennin inhibitor on aneurysm formation in a rabbit model」Renin Research Conference, The 3rd scientific meeting, 2010/7/24, Tokyo conference center shinagawa
  24. Mariana Kiomy Osako. RANKL System Contributes to the Process of Vascular Calcification as well as Osteoporosis - The 14th International Congress of Endocrinology (Kyoto, Japan); 2010.03.27:
  25. Mariana Kiomy Osako. RANKL System as the Commom Mechanism of Osteoporosis and Vascular Calcification - The 14th International Symposium on Cardiovascular Endocrinology and Metabolism (Nara, Japan); 2010.03.31
    Young Investigator Award (YIA) at The 14th International Symposium on Cardiovascular Endocrinology and Metabolism (Nara, Japan)
  26. Mariana Kiomy Osako. RANKL System as the Commom Mechanism of Osteoporosis and Vascular Calcification - 1st Latin American Symposium on the Molecular Mechanisms of Skeletal Mineralization (Iguazu Falls, Brazil). 2010.05.20
  27. Mariana Kiomy Osako. 2010/September: Asia-Pacific Society of Hyperstension Fellowship Award- Travel Grant (Vancouver, Canada). 2010/September: Asia Pacific Young Investigator Award (Finalist) at The 23rd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension (Vancouver, Canada).

原著論文・総説(英文)

  1. Nakagami F, Nakagami H, Osako MK, Iwabayashi M, Taniyama Y, Doi T, Shimizu H, Shimamura M, Rakugi H, Morishita R. Estrogen attenuates vascular remodeling in Lp(a) transgenic mice. Atherosclerosis. 2010 Jul;211(1):41-7.
  2. Morimoto D, Tomita T, Kuroda S, Higuchi C, Kato S, Shiba T, Nakagami H, Morishita R, Yoshikawa H. Inorganic polyphosphate differentiates human mesenchymal stem cells into osteoblastic cells. J Bone Miner Metab. 2010 Jul;28(4):418-23
  3. Koriyama H, Nakagami H, Katsuya T, Akasaka H, Saitoh S, Shimamoto K, Ogihara T, Kaneda Y, Morishita R, Rakugi H. Variation in OSBPL10 is associated with dyslipidemia. Hypertens Res. 2010 May;33(5):511-4.
  4. Ohshima S, Fujimoto S, Petrov A, Nakagami H, Haider N, Zhou J, Tahara N, Osako MK, Fujimoto A, Zhu J, Murohara T, Edwards DS, Narula N, Wong ND, Chandrashekhar Y, Morishita R, Narula J. Effect of an Antimicrobial Agent on Atherosclerotic Plaques Assessment of Metalloproteinase Activity by Molecular Imaging. J Am Coll Cardiol. 2010 Mar 23;55(12):1240-1249.
  5. Nakagami H, Osako KM, Nakagami F, Shimosato T, Minobe N, Moritani T, Shimamura M, Miyake T, Shimizu H, Takeya Y, Morishita R. Prevention and Regression of Non-alcoholic Steatohepatitis (NASH) in Rat Model by Metabosartan, Telmisartan. Int J Mol Med 2010 Oct;26(4):477-81.
  6. Osako MK, Nakagami H, Koibuchi N, Shimizu H, Nakagami F, Koriyama H, Shimamura M, Miyake T, Rakugi H, Morishita R. Estrogen Inhibits Vascular Calcification via Vascular RANKL System. Common Mechanism of Osteoporosis and Vascular Calcification. Circ Res. 2010 Aug 20;107(4):466-75.
  7. Matsumoto G, Yajima N, Saito H, Nakagami H, Omi Y, Lee U, Kaneda Y. Cold shock domain protein A (CSDA) overexpression inhibits tumor growth and lymph node metastasis in a mouse model of squamous cell carcinoma. Clin Exp Metastasis. 2010 Jul 10
  8. Koriyama H, Nakagami H, Katsuya T, Sugimoto K, Yamashita H, Takami Y, Maeda S, Kubo M, Takahashi A, Nakamura Y, Ogihara T, Rakugi H, Kaneda Y, Morishita R. Identification of Evidence Suggestive of an Association with Peripheral Arterial Disease at the OSBPL10 Locus by Genome-Wide Investigation in the Japanese Population. J Atheroscler Thromb. 2010 Jul 2.
  9. Shimizu H, Nakagami H, Yasumasa N, Osako MK, Shimamura M, Miyake T, Nakagami F, Koriyama H, Rakugi H, Morishita R. Combination of Thiazide Diuretics and Angiotensin Receptor Blockers Attenuates Osteoporosis in Hypertensive Rats. Immun Endoc and Metab Agents in Med Chem 2010, 10, 115-122.
  10. Miyake T, Aoki M, Osako MK, Shimamura M, Nakagami H, Morishita R. Systemic Administration of Ribbon-type Decoy Oligodeoxynucleotide Against Nuclear Factor κB and Ets Prevents Abdominal Aortic Aneurysm in Rat Model. Mol Ther. 2011;19:181-187.
  11. Shinohara M, Sato N, Kurinami H, Takeuchi D, Takeda S, Shimamura M, Yamashita T, Uchiyama Y, Rakugi H, Morishita R. Reduction of brain beta-amyloid (Abeta) by fluvastatin, a hydroxymethylglutaryl-CoA reductase inhibitor, through increase in degradation of amyloid precursor protein C-terminal fragments (APP-CTFs) and Abeta clearance. J Biol Chem. 2010;285:22091-22102.
  12. Abe T, Shimamura M, Jackman K, Kurinami H, Anrather J, Zhou P, Iadecola C. Key role of CD36 in toll-like receptor 2 signaling in cerebral ischemia. Stroke. 2010;41:898-904
  13. Shimamura M, Sato N, Taniyama Y, Kunugiza Y, Nakagami H, Morishita R. Ultrasound microbubbles and needleless jet injector for gene transfer of naked plasmid DNA. Nova Science Publishers, in publication

総説・著書(日本語)

  1. 中神 啓徳、志水 秀郎、森下 竜一:骨粗鬆症診療の新しい展開 「高血圧」 臨床と研究 87巻7号 7月 2010.
  2. 中神 啓徳、森下 竜一:血管:特集 循環器疾患up to date 2010、 「Cardiovascular Frontier」1(1):47-52, 2010.
  3. 中神 啓徳、森下 竜一:心血管系の再生医学 血管新生遺伝子治療の臨床応用はどこまで来ているのか 「CARDIAC PRACTICE」Vol.21, 23-27, Nov.4, 2010
  4. 中神 啓徳、森下 竜一:コレステロール吸収とその臨床的意義:コレステロール吸収と脂肪肝のかかわり 「消化と吸収」
  5. 島村 宗尚、森下 竜一:糖尿病性細小血管症における遺伝子治療. 糖尿病性細小血管症(第2版)--発症・進展制御の最前線. 日本臨床2010年夏増刊号.207-211
  6. 志水 秀郎、中神 啓徳、森下 竜一:ARB / 利尿薬配合剤 特集:患者背景を考慮した配合剤の選択と使い分けのポイント Progress in Medicine 2011 31 (1) 55-59.
  7. 志水 秀郎、中神 啓徳、森下 竜一:骨粗鬆症と心血管疾患との相互関係 特集:骨粗鬆症アップデート2011 - 骨折を予防し寝たきりを回避するために Current Therapy 2011 29(2) 27-31
  8. 志水 秀郎、中神 啓徳、森下 竜一:ARBによる骨年齢改善 特集アンチエイジング薬としてのARB Anti-aging Science 2010 2(2) 24-30
ページの先頭へ