Homeグループ紹介 > 脳グループ

グループ紹介

脳グループ

主な論文

臨床研究

糖負荷試験を用いたアルツハイマー病の新規診断方法の開発
共同研究機関:大阪大学・阪和第二泉北病院
  • 本臨床研究は終了いたしました。

1. アルツハイマー病について

アルツハイマー病は認知症の原因として最も多い病気であり、国内にも非常に多くの患者さんがおられますが、その原因は現在のところ十分には分かっていません。この病気になると脳の中に「老人斑」という病理所見がみられるようになり、脳が徐々に萎縮することで認知症が進行していきます。

2. 研究の目的

アルツハイマー病の診断方法はまた十分には確立されておらず、現在はCT画像やMRI画像により脳内を詳しく観察することで診断の補助としています。しかし画像の検査では既に進行してしまった病気しか診断することができず、早期診断は難しい状況です。また、これらは高価で大掛かりな撮影装置を必要とします。より早期に、簡便な方法でアルツハイマー病の診断を可能にするため、血液検査で病気の診断を行うための研究が現在進行しています。アルツハイマー病患者の脳に蓄積する「老人斑」は「アミロイド・ベータ」というたんぱく質でできていることが知られています。この「アミロイド・ベータ」を血液検査で測定し、アルツハイマー病の診断の補助とするのが本研究の目的です。

3. 研究の方法

通常の血液検査(採血)では正確な診断は難しく、より良い診断のためには何らかの工夫が必要であることも分かってきています。今回の検査では、通常糖尿病の検査として一般に行われている「糖負荷検査」を行い、その間の血液中の「アミロイド・ベータ」を測定します。糖負荷検査中の血液中の「アミロイド・ベータ」の量が、より正確な診断的指標となる可能性が示唆されているためです。

「糖負荷試験」は糖尿病の診断に使われる一般的な検査方法で、具体的には75グラムの糖の入ったジュースを飲んでいただき、飲む前、飲んだ後15分、30分、1時間、2時間の5回採血をさせて頂きます。そして、血中のブドウ糖値、インスリン値、アミロイド・ベータ値を測定します。
ですので、患者さんにとっては通常の糖尿病の検査をしていただくのと全く同じであり、特別な処置は必要としません。

本研究は細心の注意を持って行われますが、糖負荷試験を行った際に治療の必要な程度の高血糖となった場合は、インスリン投与などにて対応致します。本試験に関する費用は大阪大学の研究費(本研究は大阪大学(研究責任者 臨床遺伝子治療学、老年・腎臓内科学 寄附講座 准教授 里 直行)と阪和第二泉北病院の共同研究です)によりまかなわれ、患者さんのご負担は御座いません。

4. 研究結果の開示

この診断方法はまだ研究段階ですので、今回の結果によりアルツハイマー病(或いは病気でないこと)の診断が正確に行えるわけではありません。今回の結果を分析し、今後のより良い診断方法の開発に役立てることが目的になります。今回の血液中「アミロイド・ベータ」の値に基づいて患者さんの診断は出来ませんが、御希望に応じて検査結果のみをお伝えすることは可能です。血糖値・インスリンの値から、糖尿病の診断は通常通り行いますので、こちらの結果は十分にご説明させて頂きます。

5. 個人情報の保護

この研究で得られた情報を取りまとめるために、当院以外の機関に患者さんの情報を提供します。その際には、患者さんを特定できる情報は記載しません。取りまとめられた情報を医学雑誌などに発表する場合も、個人が特定できないように配慮されます。

6. 参加の自由

本研究への参加は患者さんの自由意思によるものであり、参加しなくても患者さんが今後不利益を被ることはございません。また、研究への参加はいつでも撤回可能であり、その場合にはデータを廃棄致します。

7. 知的財産

本研究で得られた研究結果はアルツハイマー病診断方法の確立の為、患者さんが特定されない形で公表され、その知的財産権は本研究の研究者に帰属します。

現在アルツハイマー病には有効な治療法がありませんが、いくつかの新しい治療法が開発されつつあり、希望が持たれています。これらの新しい治療薬が有効に利用されるためには、より早期に病気を診断する方法が必要になります。本研究の結果はこうしたより安全で有効な診断方法の開発を目的としたものであり、今回の検査結果は将来の認知症医療の発展にとって大変貴重なものとなりますので、ご協力のほど御願い致します。

<この研究に対する問い合わせ先>

郵便番号565-0871 吹田市山田丘2-2
大阪大学大学院医学系研究科附属最先端医療イノベーションセンター6階 0611B室
臨床遺伝子治療学講座
里 直行 電話06-6210-8351、Fax 06-6210-8354
メールアドレス nsato@cgt.med.osaka-u.ac.jp

[脳グループ]
Page Top